1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

寺田倉庫 WHAT 天王洲 高橋龍太郎コレクション 

2020年12月12日(土)~2021年5月30日(日)、寺田倉庫が手掛ける現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT(ワット)」で 「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション」展が開催される。
「WHAT(ワット)」は、天王洲をアートの一大拠点にするための街づくりに取り組む寺田倉庫が、コレクターから預かり、保管しているアート資産を公開し、その価値と魅力を広く開花させることを目的に12月12日にオープンする芸術文化発信施設。
オープニングの展示となる今回は、高橋龍太郎コレクションの中でも「描き初め」をテーマとしたコレクションや、2000年前後の奈良美智作品を中心としたA氏のコレクションといった、2名のコレクター独自の視点や価値観で収集した、 19作家(予定)の、新作・未公開作品を含む約70点にわたるコレクションを展示し、 現代アートの魅力に迫る。(会期中、展示入替を1回実施予定)

◆「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション展」開催概要
開催日:2020年12月12日(木)〜 2021年5月30日(日)
開館時間:火~日 (最終入場18時)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、 翌火曜休館)
住所:東京都品川区東品川 2-6-10 WHAT 展示室 1階、 2階

入場料:一般1200円、 大学生/専門学校生700円、 中高生500円、 小学生以下 無料
※オンラインチケット制

詳細はこちら

◆展示コレクション
【高橋龍太郎コレクション】
作品点数:約30点
出展作家:18作家(予定)会田誠、 今津景、 梅沢和木、 大山エンリコイサム、 岡崎乾二郎、 川内理香子、 草間彌生、 合田佐和子、 近藤亜樹、 鈴木ヒラク、 佃弘樹、 土取郁香、 DIEGO、 野澤聖、 BIEN、 水戸部七絵、 村山悟郎、 毛利悠子

【A氏コレクション】
作品点数:約40点(会期中に作品の入替を実施予定)
出展作家:奈良美智

◆「-Inside the Collector’s Vault, vol.1-解き放たれたコレクション展」開催概要 開催日:2020年12月12日(木)〜 2021年5月30日(日) 開館時間:火~日 (最終入場18時) 休館日:毎週月曜日(祝日の場合、 翌火曜休館) 住所:東京都品川区東品川 2-6-10 WHAT 展示室 1階、 2階 入場料:一般1200円、 大学生/専門学校生700円、 中高生500円、 小学生以下 無料 ※オンラインチケット制

川内理香子, “Forest of the night”, 2019 (C)Rikako Kawauchi Courtesy of WAITINGROOM  Photo by Shintaro Yamanaka (Qsyum!)

会田誠, “ちび (「ランチボックス・ペインティング」シリーズ)”, 2016 (C)AIDA Makoto Courtesy of Mizuma Art Gallery  Photo by 宮島径

大山エンリコイサム, “FFIGURATI #162”, 2017 (C)️Enrico Isamu Oyama  Photo by Shu Nakagawa

BIEN, “Day For Night”, 2019
Courtesy of Department of Arts Studies and Curatorial Practices,
Graduate School of Global Arts, Tokyo University of the Arts.
Photo by Masataka Tanaka.

“Slash with a Knife”, 1998 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

“Slash with a Knife”, 1998 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

“I’m Swaying in the Air”, 1995 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

“悟空”, 1987 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

“If Your Hits All Miss”, 2000 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

寺田倉庫 WHAT 天王洲 高橋龍太郎コレクション 

“悲しみの炎・波の泉 I”, 1989 (C)Yoshitomo Nara  Photo by Keizo KIOKU

「ONBEAT」では高橋龍太郎氏が連載中!

”矛盾しているから表現になる”
高橋コレクションの一つ「加藤泉」作品の魅力を、高橋龍太郎自身が語る。

 

 

 

 

 ”地球の皮を剥ぐ”
高橋コレクションの一つ「鴻池朋子」作品の魅力を、高橋龍太郎自身が語る。