1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

Road 2010 Approx. 8,000 reflectors, mixed media 600.0×600.0×600.0cm Collection: Takahashi Ryutaro Collection Installation view at Mori Art Museum (Tokyo) 2010 Photo: Keizo KIOKU ©Hiraku Suzuki

1978年生まれ。2008年東京藝術大学大学院修了後、世界各地で滞在制作を行う。
ドローイングと言語との関係性を主題に、平面・彫刻・映像・パフォーマンスなど、ドローイングの概念を拡張するような制作活動を展開している。
2009年金沢21世紀美術館、2010年森美術館、2015年ヴロツワフ建築美術館(ポーランド)、2016年銀川現代美術館(中国)、2019年MOCO Panacée(フランス)、2019-2020年東京都現代美術館など国内外の展覧会に多数参加。
2016年より現代ドローイングの実践と研究のためのプラットフォーム「Drawing Tube」を主宰。主な著書に『GENGA』『SILVER MARKER』など。

ONBEAT 掲載号:vol.13