1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

美術を中心に、ファッション、音楽、建築など
日本の芸術文化をボーダーレスにアートと捉え、
和英併記で世界に発信するバイリンガル美術書籍『ONBEAT』

vol.11では塩田千春とアートブロックチェーンを大特集

《特集》塩田千春

森美術館で開催され70万人近い来場者が訪れた「塩田千春展:魂がふるえる」。
決して軽くはないテーマを扱う塩田の芸術を、なぜこれほど多くの人々が求めるのか。
同展をキュレーションし2020年からは森美術館館長に就任する片岡真実へインタビュー。
展覧会の模様を伝える豊富な写真とともに紹介。

《特集》アートブロックチェーン

・漫画「アートブロックチェーンネットワーク~100万年後の未来~」(西島大介)
・特別鼎談(施井泰平×建畠晢×河内晋平
「変化し続けるアーカイブの概念」
「テクノロジーと美術品の価値評価」
「未来社会のアートと著作権」
「ブロックチェーンのオラクル問題と解決策」
「アーカイブされた匠の技を科学で検証する」
「テクノロジーの進歩とその限界が露わにするもの」

連載が多数スタート!

《連載》落合陽一の視線

数多くの顔と肩書きを持つメディアアーティスト・落合陽一。
その写真家としての一面を、本人の言葉と写真作品で紐解いていく。
今回はまだ記憶に新しい個展「情念との反芻」で発表された新作の数々を、本人へのインタビューとともに紹介。

《連載》中田英寿
「にほんもの」を探して
~佐賀~

世界を旅する中で日本文化の価値に気づいた元サッカー日本代表の中田英寿。
2009年春から日本全国をめぐり、日本の伝統文化に直接触れる旅を続けている。
その中で中田が見出した世界に誇れる本物“にほんもの”を紹介。

《連載》高橋龍太郎
ニッポン現代アートの価値
加藤泉

草間彌生や村上隆、奈良美智らの貴重な初期作品や、後に代表作となった作品を多数含む、精神科医の現代アートコレクター、高橋龍太郎のコレクション。
卓越した慧眼を持つ高橋が、日本の現代アートを語るうえで欠かせない、そのコレクションの逸品を語る。
 

《連載》日本の建築家
前田紀貞

絶えず優れた建築家を輩出してきた日本。
今回は「空気の質を計画(デザイン)する」前田紀貞を紹介。

ONBEATが推薦する注目作家たちの誌上限定販売企画

市川透・岩﨑夏子・中村弘峰・小黒アリサ・大河原愛・高橋まき子

『ONBEAT vol.11』

2019年11月発売
定価 : 2000円+税