1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1973年東京都生まれ。
2011年隠﨑隆一氏に師事、2015年独立。
日本橋高島屋、横浜高島屋、大阪大丸、天満屋など 国内大型百貨店にて個展多数。
「Art Beijing 2017」(北京)、「Revelations International Fine Craft & Creation Biennial 2017」(パリ)、「Asia Contemporary Art Show Fall 2018 edition」(香港)、「アートフェア東京2018」、「アートフェアアジア福岡2019」 などグループ展やアートフェアに多数参加。
2020年丹青社本社クリエイティブミーツにて 「アートとしての工芸×空間デザイン」開催。
2017年上賀茂神社 式年遷宮事業 黒天目茶盌「迦具土」奉納。

Born in Tokyo in 1973.
Studied under Ryuichi Kakurezaki since 2011, and be independent from 2015.
Held numerous solo exhibitions including at Nihombashi Takashimaya.
Participated to various group exhibitions and art fairs including "Art Beijing 2017," "Revelations International Fine Craft & Creation Biennial 2017" in Paris, "Asia Contemporary Art Show Fall 2018 edition" in Hong Kong, "Art Fair Tokyo 2018," "Art Fair Asia Fukuoka 2019."
Produced exhibition "Crafts as Art × Spatial Design" at Tanseisha, Tokyo in 2020.
Donated his work Black Tenmoku tea-bowl Kagutsuchi to Kamigamo Shrine, for the Shikinen Sengu business in 2017.

WEB twitter Instagram Youtube

作品

 

美醜の狭間の凄み―遂に陶芸は「伝統」を超え、未知の時空へと飛翔する

文=船瀬俊介(文明批評家)

市川透は、異空間から出現した隕石である。
それは、一撃で、日本の陶芸界を打ち砕いた。
その作品群を前に、佇み観れば、誰しもが驚愕し、ただ頷是するのみであろう。
同じ衝撃を、唯一、味わった体験がある。
それは、かの出口王仁三郎(1871~1948)の作陶を眼前にしたときの驚愕である。
市川の作品群は、その多彩さ、さらに、若さに於いて、王仁三郎をも凌駕している。
その鮮烈な色彩は、ピカソであり、その心魂の叫びは、ゴッホであり、その放埓な造形は、ガウディである。
世界の美術界は、この天才の出現に、皆、驚嘆するであろう―。

Awesomeness in between "Bishu" (beauty and ugliness)
Finally, ceramics goes beyond tradition and flies to an unknown space-time
―Shunsuke Funase (Civilization critic)

Toru Ichikawa is a meteorite that emerged from different space.
It smashed the Japanese pottery world with a single blow.
If you take a look at the works in front of them, everyone will be astonished and will nod their agreement.
There is only one experience that tasted the same impact.
It is a startle when I saw the pottery at Onisaburo Deguchi (1871-1948).
Toru Ichikawa's works are superior to Onisaburo Deguchi in their variety and in their youth.
Its vivid colors are Picasso, The soul cry is Van Gogh, Its prodigious molding is Gaudi.
The world's art world will all be amazed at the appearance of this genius!!

TOPIC

2019年7月15日から9月15日の2カ月、世界的に有名なハリウッド俳優が筆頭株主を務める会員制の施設、ニューヨークの「スプリングプレイス」に、世界の美食家を唸らせる名店「照寿司」が期間限定のお店をオープンし、そこで市川透の酒器が使用されました。

Toru Ichikawa’s sake cups were used in an epicurean delight “Terusushi” that has opened a limited-time restaurant from July 15th to September 15th, 2019, in Spring Place in New York, an exclusive members-only club where one of the world-famous Hollywood actors serves as the major shareholder.

PROFILE

◆略歴
1973年 東京都出身
2011年 陶芸家 隠崎隆一に師事
2015年 岡山県玉野市で独立

◆個展
2016年1月  不退の土(アンクル岩根のギャラリー / 岡山)
2016年9月 「泡沫」(米子天満屋美術画廊 / 鳥取)
2016年12月   火之迦具土 市川透 陶展(ぎゃらりぃ栗本 / 新潟)
2017年1月    火之迦具土 中編(岡天満屋アートスペース / 岡山)
2017年4月  火之迦具土 最終章(天満屋広島八丁堀 美術画廊 / 広島)
2017年11月   consciousness(現代美術 silver shell / 東京)
2017年12月   BIZEN(大丸心斎橋店 桃青 / 大阪)
2018年3月  市川透個展(アートフェア東京 2018 みんなのギャラリーブース)
2018年7月  Liberalism 自由主義(阪神百貨店 美術画廊 / 大阪)
2018年10月   市川 透陶展 Liberalism-Ⅱ(広島天満屋 美術画廊 / 広島)
2019年1月  市川 透陶展 Liberalism Ver6.21.2(横浜高島屋 美術画廊 / 神奈川)
2019年4月  市川透 陶展(ぎゃらりぃ栗本 / 新潟)
2019年4月  市川透 陶展 Glorious Transformation(silver shell / 東京)
2019年8月 市川透 陶展(文錦堂 / 岐阜)
2019年8月 市川透 陶展「Re:Origin」魂の根源(日本橋高島屋 美術工芸サロン / 東京)
2019年11月 市川透 陶展「Re:OriginⅡ」( 大丸心斎橋 / 大阪)
2019年12月 市川透 陶展「Re:OriginⅡ」(福岡岩田屋三越)
2020年5月 市川透 陶展「Ray」(岡山天満屋 美術ギャラリー)
2020年6月 市川透 陶展(名古屋栄三越 / 愛知)
2020年7月 市川透 陶展(米子しんまち天満屋 / 鳥取)
2020年9月 市川透 陶展「RayⅡ」(大阪高島屋)

◆グループ展
2016年1月  酒器展 2016(文錦堂 / 岐阜)
2016年9月  酒器展 2016(現代陶芸サロン桃青 大丸心斎橋 / 大阪)
2016年9月  17周年企画展(ギャラリー数寄 / 愛知)
2016年11月  ぐい呑展(ギャラリー数寄 / 愛知)
2016年12月  酒器展(横浜高島屋美術画廊 / 神奈川)
2017年5月  現代美術陶芸 ~今日の日本の陶芸と漆~(Galerie Collection / パリ)
2017年6月  NEW Generation 展 2017(文錦堂 / 岐阜)
2017年9月  特選会(阪急 阪神百貨店 / 大阪)
2017年12月  酒器展(日本橋高島屋 / 東京)
2017年12月  酒器展(日本橋三越 / 東京)
2018年1月  酒器展(文錦堂 / 岐阜)
2018年6月  NEW Generation 展 2018(文錦堂 / 岐阜)
2018年6月  夏の美術展(大阪美術俱楽部 / 大阪)
2018年8月  現代作家茶碗特集(日本橋三越本店 / 東京)
2018年12月  酒器展(日本橋高島屋 美術工芸サロン / 東京)
2018年12月  酒器展(日本橋三越 美術特選画廊 / 東京)
2019年3月  ASIA WEEK NEW YORK 2018 FALL(Dai Ichi Arts, Ltd. / ニューヨーク)
2019年12月  酒器展(日本橋高島屋 美術工芸サロン / 東京)
2019年12月  酒器展(日本橋三越 美術特選画廊 / 東京)
2019年12月 OSAKA ART FES 201(梅田阪神百貨店 / 大阪)
2020年7月 「Next The 備前展 〜備前の未来を創造するものたち〜」(岡山天満屋 美術ギャラリー)
2020年8月 金銀銅の世界展(ギャラリー数寄 / 愛知)
2020年8月 福屋ファインアートコレクション(福屋八丁堀 / 広島)

◆アートフェア
2017年4月  Art Beijing(北京)
2017年5月  Revelations International Fine Craft & Creation Biennial(現代美術 艸居 / パリ)
2017年11月  KOGEI Art Fair Kanazawa 2017(ギャラリー数奇 / 金沢)
2018年3月  アートフェア東京 2018(みんなのギャラリー / 東京)
2018年9月  Asia Contemporary Art Show Fall 2018 edition(みんなのギャラリー / 香港)

◆受賞
2016年3月  公益財団法人 現代茶陶展 入選
2017年7月  上賀茂神社 式年遷宮事業 黒天目茶盌「迦具土」奉納

◆企業コラボ
2020年7月 丹青社本社 クリエイティブミーツ「アートとしての工芸×空間デザイン」

◆メディア
2020年3月 ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜#207
2020年3月 Forbes CAREE 生命を燃やす創作家たちと世界

ONBEAT掲載号:Vol.13(12月24日発売)