1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1986年福岡県福岡市生まれ。
2011年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
2014年「スサノオ~神々の肖像」ギャラリーマルヒ(東京)、2018年「Tiny Spirits」現代陶芸釉里(福岡)、2018年「MVP (Most Valuable Prayers)」美術画廊×日本橋高島屋(東京)、2019年「SUMMER SPIRITS」POLA MUSEUM ANNEXなど個展開催多数。
第60回日本伝統工芸展新人賞、第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ/コンペティション部門優秀賞、第54回西部伝統工芸展日本工芸会賞など受賞多数。

Born in Fukuoka in 1986.
Tokyo University of the Arts and Music, M.A, Fine Art Sculpture in 2011.
Held solo exhibitions including “SUSANOO -Portraits of the Gods-” at Gallery Maruhi / Tokyo in 2014, “Tiny Spirits” at Gallery Yuri / Fukuoka in 2018, “MVP” at Nihonbashi Takashimaya Gallery X / Tokyo in 2018, “SUMMER SPIRITS” at POLA MUSEUM ANNEX / Tokyo in 2019.
Selected for the 60th Japan Traditional Kogei Exhibition for the first time, and received the Best New Artist Award in 2013.
Received Merit Award of 2017 Kogei World Competition in the 3rd Triennale of Kogei in Kanazawa in 2016. Won many other prizes.

WEB Instagram

作品

   

なぜ人間は人形をつくる必要があるのか?
人形師の家系に生まれた僕が子どもの頃から感じている不思議。この問いについての明確な答えは、今もまだ持ち合わせていない。

ただ、胡粉の艶が光る白い人形が一生懸命ボールを投げる姿や、緑の目をした極彩色の動物たちを作るとき、時間も忘れて夢中になっていて、もうその答えを完全に悟ったような気分になっている.
でも、気づくとその感覚がスーッと引いて、掴んだものは手にはない。
そして目の前には、またひとつ溌剌とした新しい人形が立っている。
僕の作品はこうやってできている。
本当に狐につままれた気分だ。
願わくはあなたにも僕が見た白昼夢のような時間を忘れる人形の世界を感じてほしい。

Several years ago, I began creating Ningyo (Japanese traditional dolls) with modern athletic figures. I believe these works maintain the essence of traditional Ningyo, along with a modern aesthetic.Sometimes I ponder the eternal question, of the human desire to create art, particularly figurines.
Although I was born into a family of Japanese traditional doll makers, at times I have wondered what my life entails.
I have yet to find a clear answer. However, when I sit before the wood, or clay, and imagine the story, it begins to take shape.
Before I know it, the figure is formed, without consideration of time or effort.
Almost immediately after, I return to my senses, almost as if waking from a dream. The only evidence that it was not, are the completed figures of porcelain skin and green eyes, staring back at me.During these moments, I begin to realize who I am, answering my own question.
It may seem strange, but my work is actually performed this way. Sometimes it feels like I’m caught in a web or a dream.
Hopefully, you the viewer, will also forget about time, while gazing at the Ningyo, lost in a daydream.

PROFILE

◆略歴
1986年 福岡県福岡市生まれ
2009年 東京藝術大学美術学部彫刻科卒業
2011年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
2011年 人形師で父の中村信喬に師事
福岡県太宰府天満宮干支置物制作
博多祇園山笠土居流 舁山制作

◆個展
2014年 スサノオ〜神々の肖像〜(ギャラリーマルヒ・東京)
2018年 Tiny Spirits(現代陶芸釉里・福岡)
2018年 MVP(Most Valuable Prayers)(美術画廊×日本橋髙島屋・東京)
2019年 SUMMER SPIRITS(POLA MUSEUM ANNEX)

◆グループ展
2009年  アトリエの末裔あるいは未来(台東区書道博物館・東京)
2009年 彫刻の五・七・五(沖縄県立芸術大学・沖縄)
2010年 「東方三博士の彫刻」展(藝大アートプラザ・東京)
2010年 PLAYROOM~ゲエムは生活の頂点だった~(Gallery artsynapse・東京)
2011年 帰ってきた りったいぶつぶつ展 ~現代作家による立体アート~(Bunkamura Gallery・東京)
2012年 豊福智徳プロジェクト「風化物」出品(太宰府館・福岡)
2014年 MOA岡田茂吉賞新人賞部門招待出品「蒼森(そうしん)」(MOA美術館・静岡)

◆受賞
2006年 第1回藝大アートプラザ大賞 大賞
2007年 第2回藝大アートプラザ大賞 準大賞
2008年 第3回藝大アートプラザ大賞 大賞
2009年 日本芸術センター第1回彫刻コンクール 審査員賞
2009年 三菱地所賞 (東京芸大卒業制作)
2013年 第60回日本伝統工芸展 初入選 新人賞 陶彫彩色「蒼森」(そうしん)
2014年 第49回西部伝統工芸展 初入選 日本工芸会賞 陶彫彩色「烏之杜」(うのもり)
2015年 第50回西部伝統工芸展 福岡市長賞 陶彫彩色「翠原」(すいげん)
2016年 第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ コンペティション部門 優秀賞 「The Otogi League Allstars: Momotaro」
2017年 伝統工芸創作人形展 in 金沢 中村記念美術館賞 陶彫彩色「瀧」
2019年 第54回西部伝統工芸展 日本工芸会賞 陶彫彩色「清流」

ONBEAT掲載号:Vol.11