1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1973年静岡県生まれ。
2016年「Narcissism : Dazzle room」(国立代々木競技場第一体育館 / 東京)、2017年「Narcissism」(Clockenflap / 香港)、2019年「Communication : Dazzle room」(studio fujino / 神奈川)、2020年「NTTドコモ x rooms / みる、みられる。展」(国立代々木競技場第一体育館 / 東京)など個展多数。
2014年feebee・SIGE2人展「これは花ではない。」(ギャラリィ&カフェ 山猫軒 / 埼玉)、2016年「Paint it Black」(ギャラリー・アートグラフ / 東京)、2018年「Amazon Fashion Week Tokyo 2018 A/W」(渋谷ヒカリエ / 東京)などグループ展やアートフェアに多数参加。

Born in Shizuoka in 1973.
Held numerous solo exhibitions including "Narcissism : Dazzle room" at Yoyogi National Gymnasium / Tokyo in 2016; "Narcissismm" at Clockenflap / Hong Kong in 2017; "Communication : Dazzle room" at studio fujino / Kanagawa in 2019; "NTT docomo × rooms 'Seen behind watching'" at Yoyogi National Gymnasium / Tokyo in 2020.
Participated in various group exhibitions and art fairs including feebee×SIGE two man show "This is not flowers" at Gallery&cafe Yamaneko-ken- / Saitama in 2014; "Paint it Black" at Gallery Artgraph / Tokyo in 2016; "Amazon Fashion Week Tokyo 2018 A/W" at Shibuya Hikarie / Tokyo.

WEB Instagram facebook

作品

 

今、インターネットのおかげで、目的の情報を得るまでの速度がとても早くなりました。
ただし、その速度と引き替えに体験や経験はスキップされてしまいます。
ある研究では「言葉は記憶形成細胞の15%程度しか刺激しないのに対して、体験や経験では記憶形成細胞の95%を刺激する」という結果も出ているそうです。
インターネットの普及した現代では「必要なときにネットで調べ、使い終わったら忘れる」を繰り返すため、実体験の伴わない知識は記憶として形成されづらく、常に人間は空っぽになってしまいます。
しかし、私たち人間は、体験や経験を重ね、知識として記憶していくことで、身体的にも精神的にも豊かになっていくのではないでしょうか。
私の作品に共通するテーマは「現代人」です。
インターネット、そしてスマートフォンの普及による現代人の生活の変化と、それが心理に及ぼす影響など、身の回りの事象からインスピレーションを得て作品として表現しています。

ー松山しげき

With access to the Internet made the speed of retrieving information dramatically fast.
But information, dissociated from personal experience, is harder to store in memory, resulting in people who are devoid of knowledge.
And is it not the knowledge and memories gained through experiences that make our lives mentally and physically fulfilling?
The theme that runs throughout my works is that of "modern people."
I take a pictorial approach to the changes brought about in the lives of modern people through the spread of smartphones and the Internet — and their effects on our consciousness — and express those ideas through my work.

ーShigeki MATSUYAMA

PROFILE

◆略歴
1973年静岡県生まれ

◆個展
2011年 Uneasiness(Nos Org / 東京)
2012年 縮図 -epitome-(グラスルーツ / 神奈川)
2012年 縮図 -epitome- vol.2(Gooddays / 神奈川)
2012年 Chaos(Nos / 東京)
2012年 Chaos Vol.2(Cham / 京都)
2016年 Dazzle room(国立代々木競技場第一体育館 / 東京)
2016年 Narcissism : Dazzle room(国立代々木競技場第一体育館 / 東京)
2017年 Narcissism(Clockenflap / 香港)
2019年 Communication : Dazzle room(studio fujino / 神奈川)
2019年 Welcome to the new world(Shu / 神奈川)
2020年 NTTドコモ x rooms / みる、みられる。展(国立代々木競技場第一体育館 / 東京)

◆グループ展
2013年 DZ40(銀座幸伸ギャラリー / 東京)
2013年 光と光を遮るもの(みずたまや / 香川)
2013年 T9G Exhibition Taiwan(Paradise / 台北、NMR II / 台中、Undergarden / 高雄)
2014年 DARUMA展(Yonabe Gallery / 神奈川)
2014年 feebee・SIGE 2人展「これは花ではない。」(ギャラリィ&カフェ山猫軒 / 埼玉)
2014年 Road To a Decade -Nos Ebisu10年の軌跡-(Nos / 東京)
2016年 Paint it Black(ギャラリー・アートグラフ / 東京)
2018年 Amazon Fashion Week Tokyo 2018 A/W(渋谷ヒカリエ / 東京)
2019年 9 -9人の表現者による展示-(studio fujino / 神奈川)

◆アートフェア
2011年 Red Dot Art Fair Miami

ONBEAT掲載号:Vol.14