1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1989年東京都生まれ。
2016年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。
2017年「INNOCENT」(Gallery花影抄/ 東京)、2020年 「ANIMA」(Gallery花影抄/東京)など個展多数。
2017~2019年「特別展 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」全国5つの美術館を巡回。
2019年「アートフェア東京」(Gallery花影抄ブース)などグループ展やアートフェアに多数参加。
東京藝術大学大学美術館、大分県立美術館に作品収蔵。
『月影という名の』(思潮社発行、森水陽一郎著)装丁写真提供。

Born in Tokyo in 1989.
Tokyo University of the Arts and Music, M.A, Fine Art Sculpture in 2016.
Held numerous solo exhibitions including "INNOCENT" at Gallery Hanakagesho / Tokyo in 2017, "ANIMA" at Gallery Hanakagesho / Tokyo in 2020.
Participated to various group exhibitions and art fairs including "Amazing Craftsmanship! From Meiji Kogei to Contemporary Art," (Circulated five museums), "Art Fair Tokyo" at Gallery Hanakagesho Booth in 2019.
Her works are owned by The University Art Museum, Tokyo University of the Arts and Oita Prefectural Art Museum.
Designed the book-cover of "The thing called Moon Shadow."

blog twitter Instagram Youtube

作品

幼いころ茂みの奥で見つけたニホントカゲの存在に心を奪われ、以来、爬虫類やドラゴンなど「幻の存在」である幻獣の絵を描く日常を過ごしました。
その後石彫と出会った私は、神秘的で 強い存在感を持つ大理石に、幻の存在を表現する素材としての強い親和性を感じ、大理石彫刻家となりました。
幻の存在を表現するための習作としての側面を持つ、ボールパイソン(ニシキヘビ)彫刻の連作"PythonSeries"も 昨年で30作を超えました。
このシリーズでは、さまざまな色の大理石を用いた蛇の彫刻を随時アーカイブしています。
2020年7月に開催した個展「ANIMA」では自身初となるアニメーション作品を公開しました。
石彫という従来の重たいイメージと、アニメーションという軽やかなメディアの両極性と共通項を可視化する試みで、今後も継続し展開予定です。
アニメ制作に伴い作曲も手掛け、演奏家とのコラボレーションもしていけたらと考えています。

A lizard I found in the bush as a child stole my heart away.
Ever since, have drawn reptiles and fantasy beasts like dragons.
I then discovered stone carving and fell in love with marble as a material perfect for depicting fantasy creatures, with its mysteriousness and strength.
So, I became a marble sculptor.
Last year, I exceeded 30 works in my ball python sculpture series "PythonSeries," done partially as practice for depicting fantasy creatures.
Therein, I have archived sculptures of snakes in many colors of marble.
I showed my first animation work at "ANIMA," a solo exhibition held in July 2020.
In this exhibition, I attempted the visualization of polarity and common ground in stone sculpture with its conventional weighty image and animation as a light and airy medium.
I plan to continue exploring this line in my works.
I am also setting my hand to musical composition to accompany animated works, and would like to collaborate with musicians as well.

PROFILE

◆略歴
1989年東京都生まれ
2016年東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了

◆個展
2017年 INNOCENT(Gallery花影抄 / 東京)
2018年 獣神達の昼さがり ZOOMORPHIC SLUMBER(Gallery花影抄 / 東京)
2018年 佐野藍 週末在廊企画(8月)(Gallery花影抄 / 東京)
2019年 STONE FOREST(Gallery花影抄 / 東京)
2020年 ANIMA(Gallery花影抄 / 東京)

◆グループ展
2010年 取手アートパス (東京藝術大学 / 茨城)
2011年 彫刻科 学部有志展 (東京)
2012年 佐野藍 森澤麻紀子2人展 「氾霊」(東京)
2014年 第62回東京藝術大学卒業・修了作品展(東京都美術館)
2014年 長久保華子・佐野藍・縣ケンジ 「a Priori」(ギャラリーQ / 銀座)
2015年 Short Short Story-彫刻小作品展-(藝大アートプラザ / 東京)
2016年 Stone & Women 3(いりや画廊 / 東京)
2016年 藝大×EXPO展(ギャラリーマルヒ / 東京)
2016年 SPRING BOARD 2016(JR上野駅ガレリア / 東京)
2016年 第64回東京藝術大学卒業・修了作品展(東京都美術館)
2017年 ± 複号の彫刻家たち展 vol.1(みるめギャラリー / 東京)
2018年 ブレイク前夜展(Bunkamuraギャラリー / 東京)
2019年 第5回神保町ヴンダーカンマー(奥野かるた店 / 東京)
2020年 ブレイク前夜 in 代官山ヒルサイドテラス 時代を突っ走れ!-小山登美夫セレクションアーティスト38人-(代官山ヒルサイドテラス / 東京)

◆アートフェア
2015年 アートフェアPLUS(Gallery花影抄ブース / 東京)
2016年 アートフェアPLUS(Gallery花影抄ブース / 東京)
2019年 アートフェア東京(Gallery花影抄ブース)

◆受賞
2013年 国際瀧冨士美術賞 特別賞
2014年 サロン・ド・プランタン賞
2014年 医科歯科大賞 受賞
2014年 杜賞 受賞
2014年 平山郁夫賞 受賞

◆COLLECTION
「サクラオオカミ」東京藝術大学大学美術館 収蔵
森水陽一郎著「月影という名の」装丁(思潮社)

ONBEAT掲載号:Vol.13(12月24日発売)