1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1991年東京都生まれ。
2016年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。
2019年「日本画展-
幻想の青海原を越えて-」(Artglorieux GALLERY OF TOKYO)、2019年 「日本画展-昼と夜の あわい-」(あべのハルカス近鉄本店/大阪)など個展多数。
2019年「黒木美都子・丁子紅子二人展」(八犬堂ギャラリー/東京)、2020年「美人画づくし展-令和-」(横浜高島屋/神奈川)、 「Artglorieux Selection2020」(Artglorieux GALLERY OF TOKYO)など多数参加。

Born in Tokyo in 1991.
Tama Art University, Graduate School of Art and Design, MFA, Painting in 2016.
Held numerous solo exhibitions including "Japanese Painting Exhibition -Beyond the Illusory Aounabara-" at Artglorieux GALLERY OF TOKYO in 2019, "Japanese painting Exhibition -Between the night and day-" at Kintetsu Department Store Main Store Abeno Harukas / Osaka in 2019.
Participated to various group exhibitions including "Mitsuko Kuroki and Choji Beniko" exhibitions at Hakkendo Gallery / Tokyo in 2019, "All kind of Bijin-ga, Reiwa" exhibition at Takashimaya Yokohama / Kanagawa in 2020, "Artglorieux Selection 2020" at Artglorieux GALLERY OF TOKYO.

WEB twitter Instagram ブレイク前夜 YouTube

作品

芸術性と装飾性の調和した作品を目指し描いています。
モティーフとして描かれた女性像は、日本神話やギリシャ神話が抽象的な事象を 擬人化するスタイルを反映させた存在です。
この擬人化の感覚は古来より多神信仰の文化の中で受け入れられ、現代日本でも自然と受け継がれていると感じています。
私の胸の内にある抽象的なモノゴトも、この長きにわたり存在する擬人化表現によって普遍的な作品となって昇華されるのではないかと考え、制作に取り組んでいます。
また、日本画独特の天然顔料や鉱物による色彩はマチエールと合わさることによってさまざまな表情を見せてくれます。
そうした装飾美と芸術的思想を融合・調和させ、日本絵画の伝統である「美人画」の中で、新しいスタイルとして表現を続けていきたいです。

My works are an attempt to blend a fine arts sensibility with decorativeness.
The women that I depict are meant to reflect the style of anthropomorphizing abstract phenomena in Japanese and Greek myth.
This practice has been a part of polytheistic faiths from ancient times, and I feel that it naturally infuses modern Japan as well.
I am exploring this long-lasting practice because it can transform the abstract elements in my own heart into art that is universal to everyone.
Also, the coloring from natural pigments unique to nihonga produces many different kinds of effects when applied to the materials.
I want to continue fusing these elements of decorative beauty and fine arts conceptualization, and continue producing in a new style within the tradition of "bijin-ga."

PROFILE

◆略歴
1991年 東京都生まれ
2016年 多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

◆個展
2019年 幻想の青海原を越えて(Artglorieux GALLERY OF TOKYO / 東京)
2019年 昼と夜のあわい(あべのハルカス近鉄本店 / 大阪)

◆グループ展
2019年 黒木美都子・丁子紅子二人展(八犬堂ギャラリー / 東京)
2019年 Museたちの競演~幻想と耽美の世界~(Artglorieux GALLERY OF TOKYO / 東京)
2019年 美人画展・あべの小町~瑠璃色のきみ~(あべのハルカス近鉄本店 / 大阪)
2020年 美人画づくし展-令和-(横浜高島屋 / 神奈川)
2020年 Artglorieux Selection2020(Artglorieux GALLERY OF TOKYO / 東京)

◆アートフェア
2020年 ONE ART Taipei(ザ・シャーウッドタイペイ / 台湾)

◆受賞
2015年 FACE展2015 損保ジャパン日本興亜美術賞展 審査員特別賞

◆COLLECTION
格天井アートウォール「日本の四季」(西麻布いきいきプラザ / 東京)

ONBEAT掲載号:Vol.12