1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

12月3日(木)〜12月 26日(土)、GALLERY MUMONにて「天明屋 尚 × 上田 風子」二人展が開催される。

天明屋尚は、日本伝統絵画の各流派のスピリットと世界観を現代に継承、発展させた独自の絵画表現を「ネオ日本画」と宣言し、作品を制作している。またその制作コンセプトについて、華美(過美)で覇格(破格)であり、日本のモダニズムに対するストリートの視線からの下克上、武人気質の美の系譜を「BASARA」と総称し、常識や慣習を打破し、発展的に改変したテーマや、歴史や美術に対する制度に批評的なコンセプトで重層的に描いてきた。本展では、そんな天明屋による、武士が絡み合い闘う合戦図を中心とした新作が発表される。

上田風子は、少女が体験する現実と幻想の入り混じる白昼夢のような情景を独特な色使い・配色で描き、 独自の世界観を確立している。イメージの氾濫に翻弄され、どこにもない場所へ接近できる喜びがあると、私的な感情で描かれる作品は、物質・情報が飽和した近・現代に 生きる同時代の人々に、その現実の鏡として共感を呼んでいる。作品には、時に美術史、芸術史から参照されたモ チーフや、美を求めて人工的に改良された金魚、菊などが描かれ、歴史性やアイロニー、批評が垣間見える。本展では、そんな上田の新作と、日本未発表の旧作が発表される。

勇猛な男性像を描く天明屋と、幻想的な女性像を描く上田の真逆とも言える共演。この空間で何が生まれるのか、ぜひ体感してほしい。

◆「天明屋 尚 × 上田 風子」二人展開催概要
開催日:2020年12月3日(木)〜12月 26日(土)
開館時間:11:00~19:00
休廊日:毎週日曜日、月曜日
住所:東京都中央区銀座4-13-3 GALLERY MUMON

詳細はこちら

天明屋 尚について『ONBEAT vol.01』でも掲載!