1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

レディー・ガガの履く『ヒールレスシューズ』の作者としても知られるアーティスト 舘鼻則孝の展覧会が開催!

Heel-less Shoes, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

”作家としての創作活動と、人としての一生という一対の視点の行方にあるひとつの死への意識が、
生み出すということに対しての私の原動力に他ならない。

創作における視点は、自分と他人、記憶と現実、そして生と死などの相反する要素を定め、作品はその境界線を示す。
そうして生み出された作品は、俯瞰した視点からの一対の自分が向き合うための装置なのかもしれない。”
ー舘鼻則孝

レディー・ガガをはじめ、セレブリティにも愛用される『ヒールレスシューズ』を生み出した舘鼻則孝。
花魁の高下駄から着想を得て、すべて手仕事で完成されたその靴は、アートピースとして高い評価を得、
ニューヨークやロンドンの著名な美術館に永久収蔵されている。

そんな『ヒールレスシューズ』の最新作とともに、舘鼻の主題とも言える「日本独自の死生観」から着想を得て、職人の手仕事で1本1本、丁寧に仕上げられた矢を225本も使って表現した新作『アローズ』が今回ポーラ ミュージアム アネックスで初公開される。
そのほか、近年精力的に取り組んでいるペインティングシリーズからは、舘鼻史上最大となる横幅6メートルにもおよぶ作品が登場。

加えて、ポーラ銀座ビル1 階のウィンドウディスプレイにもクリスマスシーズンに合わせて『ベビーヒールレスシューズ』を展示するアートインスタレーションなど、舘鼻の形に囚われない世界観を愉しむことができる。

Arrows, 2019 ©2019 NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

◆開催概要

展覧会名:舘鼻則孝「It’s always the others who die」
会期:2019年11月22日(金)~ 12月22日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:11:00~20:00 ※11月28日(木)のみ18:00(入場は閉館の30分前まで)
入場料:無料
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
場所:東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線 銀座駅 A9番出口徒歩6分
住所:東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

舘鼻則孝の特集は『ONBEAT vol.02』