1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

No.43 クロード・モネ《藤》 1919-1920年 油彩/カンヴァス マルモッタン・モネ美術館 Musée Marmottan Monet, Paris (C)Musée Marmottan Monet, Paris, France / Bridgeman Images

ポーラ美術館で開催中の「モネとマティス-もうひとつの楽園」展で、8月8日(土)から新型コロナウイルス感染症の影響により展示が延期されていた海外借用作品が追加展示される。同展は、6月1日(月)の開幕時点では、 展示内容を変更して開催していた。

今回新たに追加されたのは、マルモッタン・モネ美術館が所蔵する、横3mに及ぶ大型の作品《睡蓮》や《藤》ほかモネの作品8点、マネ原画のタペストリー《リュートを持つ女性》ほかマティスにまつわる作品6点。 (海外借用予定作品のうち、クロード・モネの《ジヴェルニーの画家の庭》、アンリ・マティスの《パーニュ(腰巻布)》《ヴァイオリン・ケースのある室内》《黒い背景のチューリップと牡蠣》は出品中止)

マティスの作品は、日本国内でのコレクションが少なく、大規模展示は約10年ぶりで、ポーラ美術館が収蔵する油彩画《リュート》と、 それをもとに制作された2点のタペストリー作品のすべてが一堂に会するのは世界初。

同展では、19世紀から20世紀にかけて、急速な近代化や度重なる戦争などにより社会状況が混乱するなかで環境で生き、「ここではないどこか=楽園」へ憧れ、庭や室内など現実世界の中に「楽園」を作り出し、描いたモネやマティスが、いかにしてそれらの「楽園」を創りあげ、 作品へと昇華させていったのか、アトリエや庭を、描かれた作品とともに検証する。

そのほかスーラやルノワールなど二人と同時代に生きた芸術家の作品や、キュビスムやカンディンスキーの抽象絵画など二人が生きた時代の芸術がより深く理解できる内容となっている。

◆開催概要

開催日:2020年6月1日(月)~11月3日(火・祝)※9月1〜3日は展示替えのため臨時休館 
開館時間:9:00~17:00(最終入館は30分前まで)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

電話:0460-84-2111
入館料:一般1,800円、大学生・高校生1,300円、中学生以下無料
出品点数:約90点
出品作家:クロード・モネ、 アンリ・マティス、 カミーユ・ピサロ、 ピエール・オーギュスト・ルノワール、 オディロン・ルドン、 ジョルジュ・スーラ、 ピエール・ボナール、 ワシリー・カンディンスキー、 パブロ・ピカソ、 ジョルジュ・ブラック、 ベン・ニコルソン、 ブリジット・ライリー、 マルコ・デル・レ等

◆追加展示作品

No.20 クロード・モネ《小舟》 1887年 油彩/カンヴァス マルモッタン・モネ美術館
Musée Marmottan Monet, Paris(C)Musée Marmottan Monet, Paris, France / Bridgeman Images

No.35 クロード・モネ《睡蓮》 1907年 油彩/カンヴァス サン=テティエンヌ・メトロポール近現代美術館
Musée d’Art Moderne et Contemporain de Saint-Étienne Métro-Pole
Yves Bresson / Musée d’Art Moderne et Contemporain de Saint-Étienne Métropole

No.37 原画:クロード・モネ《睡蓮》 1911-1913年 ウール モビリエ・ナショナル
Mobilier national, Paris (C)Mobilier national / Isabelle Bideau

No.38 原画:クロード・モネ《睡蓮》 1911-1913年 ウール モビリエ・ナショナル
Mobilier national, Paris (C)Mobilier national / Isabelle Bideau

No.41 クロード・モネ《しだれ柳》 1918-1919年 油彩/カンヴァス マルモッタン・モネ美術館
Musée Marmottan Monet, Paris (C)Musée Marmottan Monet, Paris, France / Bridgeman Images

No.42 クロード・モネ《日本の橋》 1918-1924年 油彩/カンヴァス マルモッタン・モネ美術館
Musée Marmottan Monet, Paris (C)Musée Marmottan Monet, Paris, France / Bridgeman Images

No.58《クバの刺繍布》 19世紀末-20世紀初頭 ラフィア マティス美術館、 ル・カトー=カンブレジ
Ancienne Collection Henri Matisse
Don de Jacquelyn Miller Matisse, 2009
Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis
Photo Musée départemental Matisse, Philip Bernard

No.59 パリ、 エミール・フレデリック・エベール社《カシミアのロング・ショール》 1863-1867年 
ウール、 カシミア、 シルク混織、 カットオフ加工 マティス美術館、 ル・カトー=カンブレジ
Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis
Photo Musée départemental Matisse, Philip Bernard

No.80 アンリ・マティス《光の縞模様のある室内》 1942年   油彩/カンヴァス マティス美術館、 ル・カトー=カンブレジ
Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis
Photo Musée départemental Matisse, Philip Bernard

No.85 《リュートに描かれたドレス》 レース、 チュール マティス美術館、 ル・カトー=カンブレジ
Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis

No.88 原画:アンリ・マティス タペストリー制作:モーリス・コシ 《リュートを持つ女性》 1947-1949年 
ウール モビリエ・ナショナル Mobilier national, Paris (C) Mobilier national / Isabelle Bideau

No.89 原画:アンリ・マティス タペストリー制作:J.コシェリ《リュートを持つ女性》 1949-1950年 ウール マティス美術館、 ル・カトー=カンブレジ Donation Henri Matisse, 1952
Musée départemental Matisse, Le Cateau-Cambrésis
Photo Musée départemental Matisse, Florian Kleinefenn

◆ほか展示作品

上記海外借用作品が展示されるまで展示されていた同館コレクションの作品が一部変更される。合わせてベン・ニコルソンやブリジット・ライリー、 マルコ・デル・レ等を紹介した「エピローグ モネとマティス-後世への遺産」も展示終了。

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

クロード・モネ 《ポール=ドモワの洞窟》 1886年 茨城県近代美術館蔵

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

アンリ・マティス 《赤い室内の緑衣の女》 1947年 ひろしま美術館蔵

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

アンリ・マティス《ミモザ》1949年 池田20世紀美術館

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

アンリ・マティス 《鏡の前の青いドレス》 1937年 京都国立近代美術館蔵

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

ジョルジュ・スーラ 《グランカンの干潮》1885年 ポーラ美術館蔵

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

ピエール・オーギュスト・ルノワール 《休息》 1916-1917年 ポーラ美術館蔵

ポーラ美術館「モネとマティス ーもうひとつの楽園」展

ワシリー・カンディンスキー 《支え無し》 1923年 ポーラ美術館蔵