1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

Akio Nagasawa Gallery Aoyama公式サイトより。奈良祐希個展「Hybridizing」

Akio Nagasawa Gallery Aoyamaにて、奈良祐希の個展「Hybridizing」が開幕。

奈良の処女作であり高い評価を受けている「Bone Flower」シリーズや、今回新たに発表するシリーズ「Ice Wall」など20余点を展示する。

新シリーズ「Ice Wall」は、奈良が幼少期を過ごした金沢の壮大な雪景色から着想を得たという。

陶芸家と建築家の2つの才能を持つ奈良祐希が、陶芸と建築、デジタルとアナログ、内と外、混沌と秩序・・・など無限の「間」の中で格闘しながら、様々な実験ーー“Hybridizing”(異種交配)を繰り返し導き出した、作品世界を堪能することができる。

◆本展によせて(奈良祐希)

画一的なものから抜け出して、複合的でさらに有機的なものへ辿り着きたい。
「生成」のダイナミズムを包含するもの。
具体的にいえば、ある固有な技法や事象が参照され、それらが異種の先鋭的な領域との交配を幾度となく繰り返し、様々な悪戦苦闘や紆余曲折を経て、ある全体を獲得していくプロセス、その旅のようなシークエンスである。

従来の荘重な陶芸は僕たちの前で立ちはだかるだけだった。
自己陶酔に浸り、激しく誇張された得体のしれない大きさなるものが、物質というそれだけの存在を通じて、人と会話しようとする。
そこに生き生きとした会話は存在しない。
軽やかで透明な陶芸。内と外を明確に分けるのではなく、それらを優しく繋げながら解していく温かな境界を持ったもの。 その物質が少し違うだけで、僕たちの気分も変わり、会話の仕方も変わってくると思う。

◆開催概要
開催日:2020年7月17日(金)~8月29日(土)
開館時間:11:00~13:00、14:00~19:00

休館日 : 日・月・祝日。8月9日~19日
住所:東京都中央区銀座4-9-5 銀昭ビル6F Akio Nagasawa Gallery Aoyama

詳細はこちら

『ONBEAT Vol.12』では奈良祐希の作品を販売中

Bone Flower “YAYOI”

Bone Flower “JOMON”