1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 30.0×18.0×18.0cm
・素材 磁土
・制作年 2020

ご購入やお問い合わせ

物事を考えるとき、それらを取り巻く「境界」について思い巡らします。
言い換えれば、ある事象の微妙なる「あいだ」を探すという行為です。
建築と陶芸、デジタルとアナログ、内と外、人口と自然、混沌と秩序それらは0と1、または白と黒のように明確に区別されるものではなくて、むしろそれらの間には、無数の分数、無限の色彩や階調のグラデーションが広がっています。
1本の線で分けることをやめてみると、その境界の中に今までひそかに隠れていたさまざまな場所が湧き上がってきます。
無限大の「あいだ」の中で、さまよい格闘しながら自分の場所を見付けていく。
一筋縄でいかないその冒険が、人生そのもののようで、無性に楽しいのです。

When I think of things, I always think about “boudaries” around them.
Architecture and Ceramics, Digital and Analog, Inside and Outside, Artifical and Nature, Chaos and Order Hence, it is not something you can clearly differentiate, like 0 and 1 in digital code, like black and white.
Rather, an infinity of degrees actually exist between 0 and 1, and an infinite grading of shades exist between black and white. A boundary is not a simple line.
Something we could describe as a “fuzzy boundary” can also exist.
Once I stop to separate everything by one line, looking through this perspective; arises many silently hidden places.
Wondering through the center of the infinite, suffering and strugging – I strive to look for my own place.
This open minded adventure much like own life, is incredibly enjoyable.

奈良祐希

1989年石川県生まれ。
十一代大樋長左衞門の長男。
2016年多治見市陶磁器意匠研究所修了。
2017年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻首席卒業。
「SOFA CHICAGO」(アメリカ)、「Design Miami / Basel」(スイス)、「TEFAF Maastricht」(オランダ)、「COLLECT」(イギリス)、「アート台北」(台湾)、「Art Central」(香港)、「アートフェア東京」など多数参加。
根津美術館(東京)、金沢21世紀美術館(石川)などに作品収蔵。

Born in Ishikawa in 1989.
The eldest son of Toshio Ohi Chozaemon Ⅺ.
Graduated from Tajimi City Pottery Design and Technical Center in 2016.
Graduated at the top of his class from Tokyo University of the Arts and Music, M.A, Architecture in 2017.
Participated in group exhibitions and art fairs including “SOFA CHICAGO” in U.S.A., “Design Miami / Basel” in Swiss, “TEFAF Maastricht” in Netherlands, “COLLECT” in England, “ART TAIPEI” in Taiwan, “Art Central” in Hong Kong, “Art Fair Tokyo.”
His work is owned by Nezu Museum / Tokyo, 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa / Ishikawa.

WEB Instagram

作品