1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

舘鼻則孝《BAby Heel-less Shoes》シリーズ

パナソニック汐留美術館にて「和巧絶佳展 令和時代の超工芸」が開幕。(7/18~9/22)

グローバル化により物の均質化が進む今、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が、独自の表現を生み出す資源として見直されている。

本展では、日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」という、現在の日本の工芸的な作品にみられる3つの傾向をテーマに、工芸というジャンルにとらわれることなく、工芸素材を用い、工芸技法を駆使して工芸美を探求する、1970年以降に生まれた12人の作家を紹介する。

人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性を考える絶好の機会となる。

◆出品作家

安達大悟、池田晃将、桑田卓郎、坂井直樹、佐合道子、髙橋賢悟、舘鼻則孝、新里明士、橋本千毅、深堀隆介、見附正康、山本茜

◆開催概要
開催日:2020年7月18日(土)~9月22日(火・祝)
開館時間:10:00~18:00(7/24、7/31、8/7、8/28、9/4は20:00まで)

休館日 : 7/22、8/12~8/14、8/19、9/9、9/16
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
当日入館料:一般1,000円、大学生700円、中学生・高校生500円、小学生以下無料

詳細はこちら

舘鼻則孝《Hairpin》2018

深堀隆介《四つの桶》

池田晃将《不可振賽子飾箱》

池田晃将《Supernaturalism01》

見附正康《無題》

山本茜《源氏物語シリーズ第十九帖「薄雲」(雪明り)》

山本茜《截金硝子長方皿「流衍」》

髙橋賢吾《flower funeral-cattle-》

新里明士《光器》

橋本千穀《螺鈿”鸚鵡”》

 

『ONBEAT Vol.2』では舘鼻則孝の特集を掲載!