1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

ニック・ケイブ《回転する森》2016(2020年再制作) (C)Nick Cave   Photo by Keita Otsuka

横浜で3年に一度行われる現代アートの国際展、 ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」が、7月17日(金)開幕した。
今回、30以上の国や地域で活動する60人(組)以上のアーティストたちが参加。
海外からのアーティストを招聘できない状況下で、20代、30代が半数を占める若い作家たちが、移動の禁止、物流の停止といった事態を乗り越え、展示を実現する。
急速に変化する今だからこそ考えたい、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、 他者を排除することなく共生するための道とは?

エヴァ・ファブレガス《からみあい》2020 Photo by Keita Otsuka

キム・ユンチョル《クロマ》2020 Photo by Keita Otsuka

さとうりさ《双つの樹(黄、 青)》2020 Photo by Keita Otsuka

アリュアーイ・プリダン《生命軸》2018 Photo by Keita Otsuka

◆開催概要
開催日:2020年7月17日(金)~  10月11日(日)※日時事前予約制
開館時間:10:00~18:00(10/11は20:00まで)

休館日 : 木曜日休場(7/23、8/13、10/8を除く)
住所:
横浜美術館  横浜市西区みなとみらい3-4-1
プロット48 横浜市西区みなとみらい4-3-1
日本郵船歴史博物館 横浜市中区海岸通3-9

当日入館料:一般2,000円、大学生・専門学校生1,200円、高校生800円、中学生以下無料

詳細はこちら