1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

桑田卓郎 KAMU kanazawa

青化粧金彩梅華皮志野垸 Blue-slipped gold Kairagi Shino bowl (C)Takuro Kuwata

6月21日(日)石川県金沢市広坂に現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」が開館する。 こけら落しは「The power of things」と題し、 同館のコレクションの中核をなす立体とインスタレーションのジャンルから、ステファニー・クエール、桑田卓郎、レアンドロ・エルリッヒらの作品が展示される。なかには本展のために制作した新作をはじめ、日本未公開作品も。

 ステファニー・クエール KAMU kanazawa

Watching Fox (C)Stphanie Quayle

館長の林田堅太郎は32歳。構想から8ヶ月、新型コロナを乗り越え開館する。
「 社会のあり方が変わりオンラインへのシフトは確実に加速している状況ですが、 フィジカルに体験、 体感し心揺さぶる“物”の力を感じていただきたい。」

レアンドロ・エルリッヒ KAMU kanazawa

INFINITE STAIRCASE (2020) (C)Leandro Erlich

なお、レアンドロ・エルリッヒの作品は、 新作インスタレーションの公開を予定していたが、 新型コロナウイルスの影響で一時制作がストップしていたため、7月までは新作の資料展示や関連のある作品が展示される(作品完成後は常設展示)。7月中旬には美術館内での公開制作を行う可能性も。

◆「KAMU kanazawa」概要
現代アートによる日本の文化資源の向上のための作品収集、 同時代的に生まれるアートの発信を行い、 さらには“拠点となる金沢市”が現代アートの街として発展していくことに貢献することを目的に活動。
オープン日:2020年6月21日(日)~ ※月曜日は休館
開館時間:11:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
住所:石川県金沢市広坂1-1-52

当日入館料:一般800円、小学生以下無料

詳細はこちら

桑田卓郎の作品について『ONBEAT vol.12』でも掲載