1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

「Mori Art Museum Digital」サイトトップ イメージ

新型コロナウイルスにより、世界中の美術館が臨時休館を余儀なくされている今、
美術館のオンラインコンテンツの役割が見直されています。

そんな中、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現在休館中の森美術館が、オンライン・プログラムMori Art Museum Digital」開設しました。

Mori Art Museum Digitalでは、緊急事態宣言により不要不急の外出を控える中、
おうちで現代アートを楽しんだり、遊んだり、学ぶことができる期間限定のプログラム
「Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME」を公開しています。

さらに臨時休館により会期途中で終了となった「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか」の3Dウォークスルー特別公開や、
開幕延期となっている「MAMスクリーン013:ムニーラ・アル・ソルフ」から上映作品2作を先行公開するほか、
SNSでは世界各地のアーティストから送られてきた料理のレシピ、写真、ストーリーなど集めた「アーティスト・クックブック by MAM」を順次ご紹介するなど、
さまざまなコンテンツが提供されています。

▼Mori Art Museum Digital期間限定オンライン・プログラム 「Stay Home, Stay Creative, MAM@HOME」ラインアップ
①イントロダクション:館長メッセージ
②プログラム#1:「MAMスクリーン 013:ムニーラ・アル・ソルフ」先行公開
③プログラム#2: 「未来と芸術展」3Dウォークスルー特別公開
④スペシャル#1:アーティスト・クックブック by MAM
⑤ラーニングONLINE:おうちで楽しむ、遊ぶ、学ぶアート

過去に森美術館で開催された「塩田千春展」と塩田千春の魅力について同館館長 片岡真実が語ったインタビューは『ONBEAT vol.11』で