1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

若き才能が集まる20世紀初頭のパリで画商として活動する一方、自らもコレクターとして作品を収集したポール・ギヨームは、私邸を美術館にする構想を果たせぬまま若くして世を去った。
その後ドメニカ夫人により手を加えられていった彼のコレクションは、ギヨームとドメニカの二番目の夫の名を冠した「ジャン・ヴァルテル&ポール・ギヨーム コレクション」としてフランス国家へ譲渡される。
現在そのコレクションは、パリのセーヌ川岸に建つ、 オレンジ温室を改修した瀟洒な佇まいのオランジュリー美術館が所蔵している。
本展ではギヨームが基礎を築いた同館所蔵の146点の絵画群のうち13人の画家による69点が、 21年ぶりにまとまって来日。
ルノワールの傑作《ピアノを弾く少女たち》をはじめ、 マティス、 ピカソ、 モディリアーニらによる名作がそろったヨーロッパ屈指の絵画コレクションを堪能できる貴重な展覧会となっている。

また2020年1月3日(金)は「お正月お年玉企画」として、来場先着500名に、アンリ・マティス《赤いキュロットのオダリスク》のクリアファイルがプレゼントされるなどアートなお正月を楽しめる企画が展開される。


◆開催概要
開催日:2019年9月21日(土)~2020年1月13日(月・祝)

開館時間:10:00~18:00(最終入館は30分前まで)

※会期中の金・土曜は20:00まで(ただし、 1月10日~12日は21:00まで)
休館日:毎週木曜日(12月26日は開館)、 2019年12月28日(土)~2020年1月2日(木)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1 横浜美術館

電話:03-5777-8600
入館料:一般1,700円、大学生・高校生1,200円、中学生700円

詳細はこちら