1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1946年東京都生まれ。
成城大学文芸学部卒業。
ミヅマアートギャラリー東京、北京、シンガポールディレクター。
94年ミヅマアートギャラリーを青山に開廊。(現在は新宿区市谷田町)
2000年から活動の幅を海外に広げ、国際的なアートフェアに積極的に参加。
「ジパング展」等の展覧会を積極的にキュレーションし、日本、アジアの作家を中心に世界に紹介し続けている。
著書『アートにとって価値と何か』を幻冬舎より出版。

MIZUMA Sueo was born in Tokyo in 1946, and graduated from the Department of Arts and Literature at Seijo University.
He established the Mizuma Art Gallery in Aoyama in 1994. (Now in Ishigayatamachi, Shinjuku-ku.)
Since the 2000's he expands his international activities and began to participate in global art fairs.
Curating some exhibitions such as "Zipangu" actively, he is dedicated to discover, support and introduce young Japanese and Asian Artists to the international art scene. His first book "Art ni totte kachi towa nanika (meaning: What is the worth of Art?)" was published in 2014.

WEB Instagram twitter 

ONBEAT掲載号:vol.02