1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

2001年神奈川県生まれ。
2019年「Symbol」(瀬戸勝ビル / 宮城)、「Brainwashing」(Gallery b・Tokyo)、「Vegalta Sendai 25th×Issei Suzuki Exhibition」(ユアテックスタジアム仙台)、2020年「Hashtag」(Gallery b・Tokyo)、「Break of Dawn」(MDP Gallery / 東京)など個展多数。受賞多数。
2019年Monkey MajikのBlaise Plantの醸造によるファーストワインのラベルデザイン担当。
2020年Abaraki Rock Fes.20と グッズコラボレーション、レザーパッチワークブランドTIDEの新プロジェクト「ARTIDE」にて「Multi Compact Wallet-Suzuki Issei #tide」を共同制作。

Born in Kanagawa in 2001.
Held solo exhibitions including "Symbol" at Setokatsu Bldg. / Miyagi, "Brainwashing" at Gallery b・Tokyo, "Vegalta Sendai 25th×Issei Suzuki Exhibition" at Yurtec Stadium Sendai / Miyagi in 2019, "Hashtag" at Gallery b・Tokyo, "Break of Dawn" at MDP Gallery / Tokyo in 2020.
Won many prizes. Designed the Wine labels of "Seraphim," made by Blaise Plant, member of Monkey Majik.
Collaborated with Abaraki Rock Fes.20 in 2020.
Co-produced "Multi Compact Wallet-Suzuki Issei #tide" with leather patchwork brand "TIDE."

Instagram Youtube

作品

  

2001年生まれの私は、幼少期から独学で絵を描き続けていますが、大切にしているのは自分の頭の中の無意識下から自然に生まれてくるイメージです。
そして、そのイメージに 色と形を与えて絵画として表現するため、色の三原色であるシアン、マゼンダ、イエローと、自然界の象徴である「曲線」を多用する手法で、自分の感性の赴くままキャンバスに筆を走らせています。
度々「顔のようなもの」が登場する私の作品ですが、そこには 日常生活の中で私の心の琴線に触れた出来事や社会問題などが自分ならではの絵画言語で落とし込まれていると思います。
世界はコロナ禍という共通の困難を乗り越えて新しい時代を 迎えようとしています。
私は世界がつながる時代だからこそ、人々が自己の内面にある豊かさに気付き、それを育んでいく行為が大切だということを、自らの作品を通じて表現していきたいと思います。

I have been painting as a self-taught artist since childhood.
What I value the most when painting is the image that naturally comes out from my subconscious.
I give these images colors and shapes by making heavy use of the three primary colors: cyan, magenta, and yellow; and curvy lines that represents nature.
The face-like motif that appears in my works from time to time are reflections of events or social problems that touches my heart in everyday life.
The world is about to overcome the shared crisis of the COVID-19 pandemic and enter a new era.
Because we are in an age when the world is striving to unite, I believe that it is important for us to realize the richness in ourselves and to act to nurture it.
I would like to convey this message through my works.

SOLO EXHIBITION

個展開催予定

会期:2021年3月
会場:ロイドワークスギャラリー

Date: March, 2021
Venue: roid works gallery

PROFILE

◆略歴
2001年神奈川県生まれ

◆個展
2018年 Pre(瀬戸勝ビル / 宮城)
2019年 Symbol(瀬戸勝ビル / 宮城)
2019年 Brainwashing(Gallery b・Tokyo)
2019年 Vegalta Sendai 25th×Issei Suzuki Exhibition(仙台ユアテックスタジアム / 宮城)
2020年 Hashtag(Galley b・Tokyo)
2020年 Break of Dawn(MDP GALLERY / 東京)

◆受賞歴多数

◆企業コラボ
2019年 Monkey MajikのBlaise Plantの醸造によるファーストワインのラベルデザイン担当
2020年 Abaraki Rock Fes.20と グッズコラボレーション
2020年 レザーパッチワークブランドTIDEの新プロジェクト「ARTIDE」にて「Multi Compact Wallet-Suzuki Issei #tide」を共同制作。

◆メディア
ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜#203

ONBEAT掲載号:Vol.13(12月24日発売)