1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 27.3×22.0cm
・素材  油彩、キャンバス、パネル
・制作年 2018
・価格  ¥48,000+tax

“聖域”というタイトルのこの作品は、その名前のとおり、一線を越えるか越えないかの瞬間を描いたものです。
褐色の彼女はそっと眼鏡を外して彼の出方を伺っています。
色白の彼は、彼女の思わせぶりな微笑みが本気なのか遊びなのか、戸惑いながらも先の一手を考えています。

 

ご購入やお問い合わせ

人が幸せに生きるって、どういうことなのか。
私は、この世界に 生まれた一人一人が、社会を形成する歯車の一人として抱くであろう、肯定的に生きようとする心模様や、人間関係における距離感 といったコミュニケーションの在り方を表現しようとしています。
表現の手掛かりにするものは、身体そのものをはじめ、良くも悪くも心が動く、暮らしの中での景色や瞬間です。
きれいな時だけではない、けっして一定ではないアンバランスな心模様全てが人間らしさの表れだと思います。
そうやって、生きる人の姿を絵に描き、絵を通して今生きている人たちとつながり合いたいと思っています。

ー藤森詔子

藤森詔子

1986年北海道生まれ。
2013年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。
2019年「Twinkle Pieces」(Gallery MoMo 両国 / 東京)、2021年「舵を取れ!」(Gallery MoMo Projects六本木 / 東京)など個展多数。
2020年「ASYAAF and Hidden Artists Festival」(ソウル)などグループ展やアートフェア参加多数。
Japigozziコレクションに作品収蔵。
2019~2020年ファッションブランド「And A」とコラボレーション。
2020年ポカリスエットのTVCM 『This is #BintangSMA 2019 Winner!』水彩画、 2021年劇場アニメ『映画大好きポンポさん』劇中壁画を担当。

Born in Hokkaido in 1986.
Tokyo University of the Arts, MFA, Painting in 2013.
Solo exhibitions: 2019 “Twinkle Pieces” Gallery MoMo Ryogoku (Tokyo); 2021 “Take the Helm of Yourself !” Gallery MoMo Projects Roppongi (Tokyo).
Group exhibitions & Art Fairs: 2020 “ASYAAF and Hidden Artists Festival” Seoul.
Collection: The Japigozzi Collection.
Collaborated with fashion brand “And A” from 2019-2020.
Her watercolor painting work was used for TVCM of POCARISWEAT in 2020.
Take charge of wall painting for an animated movie “pompo-the-cinephile” in 2021.

WEB Instagram facebook ブレイク前夜 YouTube

 

作品