1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 72.7×60.6cm
・素材  ジークレーデジタル版画(ED30)
・制作年 2020
・価格  ¥58,000+tax

タイトルにある「有魚」は中国語で「有余」と同等の発音で、よく吉祥画の主題に使われるものです。
トロピカルのモチーフが示す80~90年代の空気感を吉祥画の中に込めました。

ご購入やお問い合わせ

中国式庭園である園林を歩いてみると、そこかしこに盆景や太湖石がちりばめられていることに気が付く。
これら一つ一つが凝縮された小宇宙であるが、園林自体も実景や夢想された桃源郷の縮図であるという点においては、同様に凝縮された小宇宙にほかならない。
このような「入れ篭」の構造を、イミテーションとしてのトロピカルな風物や、80~90年代のレリック(遺物)などと組み合わせ、多幸症的なフィクションとしての桃源世界を、同じくフィクションとしての絵画ジャンルである日本画の技法を用いて描いている。

ー奥村彰一

When you visit Chinese garden as call Yuanlin, you will realize that there are many Penjing and Taihu stone interspersed around.
Those are microcosm has been contained in the Yuanlin as a universe.
However, Yuanlin also can be said a microcosm has been contained in the real universe as long as it is a garden which shrieked the environment in the real world.
I use the method of those nested structures mixed up with the tropicals as an imitation in a shopping mall and some relics from 80-90s to express the euphoric fictional utopia with using fictional method of Japanese painting.

ー Shoichi OKUMURA

奥村彰一

1989年北京(中国)生まれ。
2017年多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。
2018年「園林漫遊」(晴山藝術中心 / 台北)、2020年「空想樂園」(Kiyoshi Art Space / 東京)など個展多数。
2019~2020年「アート台北」(台湾)、2019年「Art Beijing」(北京)、「アートフェア東京」などアートフェアに多数参加。
2016年岡本太郎現代芸術賞入選、2017年アートアワードトーキョー丸の内 今村有策賞・フランス大使館賞、丸の内賞(オーディエンス賞)、2018年アダチUKIYOE大賞優秀賞など受賞多数。

Born in Beijing / China in 1989.
Tama Art University, Graduate School of Art and Design, MFA, Painting in 2017.
Held numerous solo exhibitions including “Trip to The Chinese Garden” at Imavision Gallery / Taipei in 2018; “Paradise Fiction” at Kiyoshi Art Space / Tokyo in 2020.
Participated in various art fairs including “Art Taipei” in Taiwan from 2019 – 2020; “Art Beijing” “Art Fair Tokyo” in 2019.
Accepted to the Taro Okamoto Award for Contemporary Art in 2016.
Won many prizes including French Embessy Prize & Imamura Yusaku Prize & Audience Prize at Art Award Tokyo Marunouchi in 2017, The Great prize at The Adachi Contemporary Ukiyo-e Award 2018.

WEB Instagram facebook Twitter

 

作品