1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 27.3×41.0×1.8cm
・素材  アクリル絵具、岩絵具、水干、和紙
・制作年 2020
・価格  ¥103,000+tax (w/ frame)  ¥90,000+tax (w/o frame)

きらきらと目に映る貝合わせは少女を虜にします。

ご購入やお問い合わせ

物事にまつわるさまざまな言い伝えや縁起物、人物などを モティーフとして、「人の幸福」をテーマの主軸に制作しています。
そして、その世界を表現するためのモデルとして女の子を描きます。
なぜなら、女の子は表情の変化がわかりやすく、柔らかい表情をつくり出すところに魅力を感じるからです。
制作する上で第一に心掛けているのは、私の作品が人々に ポジティブに伝わるようにすることです。
大昔から人々は、モノや出来事に意味を求め、意味付けをしてきましたが、国や 文化によっては、同じモノでも異なる意味が生じることもあります。
そうした矛盾も含め、意味が多様であれば、受け取り方も自由であると考え、私は物事にまつわる縁起物や花言葉からポジティブな意味を拾い、独自に組み合わせることで、さらなる「福」をつくり出したいと願っています。
今後は、人の幸福の在り方をさらに追求し、広く表現していきたいと思います。 

In my artistic production, I take all sorts of stories about things, lucky charms, and people as my motifs, and “human happiness” as my theme.
I depict girls and young women as my models for painting the world of such stories.
This is because female faces have changes of expression that are easily read, and enchant me with the gentle looks they form.
In my creation, I above all strive to see that the works positively touch the hearts of viewers.
From olden times, people have sought meaning in, and given meaning to, things and happenings.
In some cases, the same item has a different meaning in a different country or culture.
As meaning may be diverse, inclusive of such conflicts, I think that the way we see different things may be similarly free.
By picking up positive associations from charms and flower-words tied to things and combining them in original ways, I hope to engender an additional “happiness.”
Going forward, I intend to further pursue the shape of human happiness and present it more widely.  

大島利佳

1995年埼玉県生まれ。
2020年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。
現在、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻に在籍。
2018年「ゆめうつつ」(B-gallery /東京)、2019年「やにわに華」(フジヰ画廊 / 東京)、2020年「まねひて幸」 (八犬堂ギャラリー / 東京)など個展多数。
2019年「今昔絵図展」 (Artglorieux Gallery of Tokyo / 東京)などグループ展に多数参加。
2016年第11回藝大アートプラザ大賞準大賞、2020年第68回東京藝術大学卒業・修了作品展平成藝術賞など受賞多数。

Born in Saitama in 1995.
Graduated from the Department of Design, Tokyo University of the Arts in 2020.
Currently enrolled in graduate school of Tokyo University of The Arts, Department of Design.
Held numerous solo exhibitions including “Half Awake” at B-gallery / Tokyo in 2018, “Flower from Out of the Blue” at Fujii Gallery / Tokyo in 2019, “Calling Fortune” at Hakkendo Gallery / Tokyo in 2020.
Participated to various group exhibitions including “Konjaku Ezu” at Artglorieux Gallery of Tokyo in 2019.
Won many prizes including Second prize at the 11th Geidai Art Plaza Award, Heisei Art Prize at the 68th Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibition.

twitter Instagram facebook

作品