1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日)に、ポーラ美術館で日本とフランスの芸術交流をテーマにした展覧会「Connections―海を越える憧れ、 日本とフランスの150年」が開催される。
19世紀以降、日本とフランス間でモノや情報、人が往来が可能になったことで、フランスを中心に、日本の浮世絵や工芸品がモネやゴッホなど近代を代表する芸術家たちに重要なインスピレーションを与えたジャポニスムが巻き起こるともに、黒田清輝などフランス留学した学生が近代日本美術の礎を築くなど、新しい美の基準や感性を模索する上で、互いに必要不可欠な存在だったといえる。

歌川広重《名所江戸百景 上野清水堂不忍ノ池》 1856年(安政3) 東京藝術大学 [展示期間:2021年3月7日-4月4日]

クロード・モネ《ヴァランジュヴィルの風景》 1882年 ポーラ美術館

ポーラ美術館のコレクションには、 ジャポニスムと関係の深いモネやゴッホ、 フランスで学んだ黒田清輝や岡田三郎助、 そしてセザンヌやルノワールと彼らに心酔した安井曾太郎など、 日本とフランスの芸術交流を語るうえで欠かせない芸術家が多数含まれており、本展では、同館の収蔵作品約80点を軸に、 国内外から約50点を借用し、19世紀後半から現代に至るまでの日仏の「美の往還」を辿る。

フィンセント・ファン・ゴッホ《ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋》 1888年 ポーラ美術館

ポール・セザンヌ《砂糖壺、 梨とテーブルクロス》 1893-1894年 ポーラ美術館

安井曾太郎《ターブルの上》 1912年(大正元)福島県立美術館 [展示期間:2020年12月中旬~]

中には、数多くの裸婦像を残した黒田の代表作《野辺》をはじめ、《野辺》に影響を与えたと指摘されてきたラファエル・コランの《眠り》もフランスから初来日。愛弟子だった黒田の作品ととともに120年ぶりに公開される。

ラファエル ・コラン《眠り》1892年 芸術家財団、 パリ (C)Fondation des Artistes / Raphaële Kriegel

黒田清輝《野辺》1907年(明治40) ポーラ美術館

加えて、森村泰昌のゴッホに扮したセルフポートレート、 浮世絵を翻案した山口晃の作品、 フランス人の日本滞在記に想を得た荒木悠の映像作品など、 近代の作品と織り交ぜてご紹介。 「日本と西洋」「近代と現代」などの異なる視点から生み出される様々な誤解やギャップをユーモラスに描き出す、現代アーティストによる作品を通し、異文化理解の本質や魅力に迫る。

森村泰昌《肖像(ゴッホ)》 1985年(昭和60)高松市美術館

山口晃《新東都名所 「芝の大塔」》(制作:アダチ版画研究所)2014年(平成26)ミヅマアートギャラリー (C)YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery

◆開催概要

開催日:2020年11月14日(土)~2021年4月4日(日) 会期中展示替えあり 
開館時間:9:00~17:00(最終入館は30分前まで)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285

電話:0460-84-2111
出品点数:約110点
出品作家:荒木悠、 歌川広重、 岡田三郎助、 葛飾北斎、 エミール・ガレ、 黒田清輝、 古賀春江、 フィンセント・ファン・ゴッホ、 ラファエル・コラン、 ポール・セザンヌ、 レオナール・フジタ、 クロード・モネ、 森村泰昌、 安井曾太郎、 山口晃、 モーリス・ユトリロ、 ピエール・オーギュスト・ルノワールなど

詳細はこちら

『ONBEAT vol.3』では山口晃特集を掲載