1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

2021年3月23日(火)~6月6日(日)、SOMPO美術館で「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」が開催中だ。日本でモンドリアンの個展開催は実に23年ぶり。

モンドリアンは、1908年にトーロップに出会い象徴主義や神智学に傾倒しつつも、オランダの風景から風車、灯台、砂丘、聖堂などを描き、実験的作品を展開した。その後1911~14年パリに滞在し、キュビスムに触れると、「新造形主義」理論を立ち上げ、第一次世界大戦を挟んで、静物や樹木など身近な主題を抽象化した独自の作風を築く。そして戦後は「新造形主義」に従った厳格な「コンポジション」シリーズへと至り、晩年にニューヨークに移ってもなお旺盛に制作を続けた。

直線と限られた色面によるモンドリアンの絵画構成は、ドゥースブルフらと1917年に結成した「デ・ステイル」をはじめ、デザインやファッションの領域においても盛んに取り入れられ、今なお通ずるところがある。

本展では、初期のハーグ派様式の風景画から晩年の水平垂直線と原色平面の「コンポジション」シリーズをはじめとしたモンドリアン作品のほか、「デ・ステイル」関連のプロダクトや関連作家の作品を展示。2022年に生誕150年を迎えるモンドリアンの芸術の広がりを再検証する。

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

展示風景:「生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて」2021年

開催概要

開催日:2021年3月23日 (火) ~ 6月6日 (日)※日時指定入場制
休館日:毎週月曜日(但し、5月3日は開館)
開館時間:10:00~18:00

住所:SOMPO美術館

料金:(当日窓口)一般1,700円、大学生1,300円、高校生以下無料

(オンライン)一般1,500円、大学生1,100円、高校生以下無料

詳細はこちら