1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 33.3×33.3×2.0cm
・素材  油彩、金属粉
・制作年 2020
・価格  ¥120,000+tax

目を瞑る彼女 君は何を想う。

ご購入やお問い合わせ

私は一卵性双生児で、いつも弟と比べられてきました。
容姿も声も同じ彼との間で、違いを意識するうちに”自分と他者の存在”に強い興味を持った私は”存在の証明”をコンセプトに作品を制作するようになりました。
制作する上で対象を目の前にして描くのはもちろん、写真や過去の記録など対象の痕跡をたどりながら本質を見つめ構成していく。
そうして画面の中に 命が吹き込まれ作品として結晶化したとき、私の描く対象が”自己の存在証明”であり”対象の存在証明”になる。
「自分は何者なのか」、「何が残せるのか」という自問自答を繰り返しながら、対象を描くことで自分を証明し、「本質」と「理想」の追求、模索を続けていきます。
運命のいたずらか、くしくも弟も画家なので、どこまでいっても我々は比べられるようです。

I am one of a pair of identical twins, and have always been compared to my brother.
Being conscious of the differences from my brother, who looks and talks the same as I, I acquired a keen interest in “the existence of the self and the other,” and came to produce works that took “proof of existence” as their key concept.
In my artistic production, I get a close look at its true nature and compose the painting accordingly.
When life is breathed into the canvas and the painting crystallizes as a work of art, the subject I painted becomes both “proof of my own existence” and “proof of the subject’s existence.”
While repeatedly asking myself who I am and what I can leave behind, I prove myself by painting subjects.
I am determined to continue my pursuit and probe of “true nature” and “ideals.”
By a mischievous twist of fate, my brother also happens to be a painter.
It therefore looks like we are going to be compared with each other to the very end.

辻本健輝

1989年長崎県生まれ。
長崎美術学院本科修了。
2019年個展開催「この雨のように」(アートスペース羅針盤 / 東京)。
2017年「アートフェアアジア福岡」、2018年「辻本健輝×ツジモトコウキ 双子展-其々のカタチ-」(福岡三越)、2020年「Portrait〜人物表現の魅力〜」(西武池袋本店 / 東京)などグループ展やアートフェアに多数参加。
2013年第48回昭和会展松村謙三賞、第11回春季二紀展新人選抜大賞受賞。
2019年「HafH Diversity in Residence」プロジェクトに参加。

Born in Nagasaki in 1989.
Completed the main course at Nagasaki Art Academy.
Held solo exhibition “Like This Rain” at Art Space Rashinban / Tokyo in 2019.
Participated to various group exhibitions and art fairs including “Art Fair Asia Fukuoka 2017,” “Kenki Tsujimoto ×Koki Tsujimoto Twins Exhibition – Each Individual shape” at Fukuoka Mitsukoshi in 2018, “Portrait – Fascination of Portrayal of a Person” at Seibu Ikebukuro / Tokyo in 2020.
Won many prizes including Kenzo Matsumura Prize at the 48th Showa-kai exhibition in 2013, Grand prize for Newcomer selection at the 11th Spring Niki Exhibition in 2013, Joined the project of “HafH Diversity in Residence” in 2019.

WEB Instagram

作品