1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 37.0×11.0×1.0cm
・素材  和紙、岩絵具、膠
・制作年 2020
・価格  ¥180,000+tax

掲出作品《湧光》のモティーフであるタンポポの綿毛は、「巣立ち」を意味します。
その意の通り、新たな門出や飛躍への励ましの思いを込めて描きました。

Dandelion fluff as the subject for “Rising Light,” my work presented here, symbolizes “leaving the nest.”
In that sense, I imbued this work with a feeling of support for new departures and new leaps.

ご購入やお問い合わせ

植物や風景など、主に自然物を描いています。
自然は存在そのものがすでに美的に完成されているため、そのまま描くことはあまり意味がないと考えています。
自然の持つ不規則でふぞろいな部分をあるがままの美とすれば、人がつくり出す美とはなんでしょうか。
「ランダム性の排除」、「モティーフのパターン化」、「シンプルな形につくり込んでいく」といった工程を経てより洗練させていったものが 私の追求する美と考えています。
私の作品に目を留めてくださった方の心に深く響くようであれば、それが作家としての一番の喜びであり、糧となります。
掲出作品《湧光》のモティーフであるタンポポの綿毛は、「巣立ち」を意味します。
その意の通り、新たな門出や飛躍への励ましの思いを込めて描きました。

While I mainly paint plant life and landscapes, such scenery is born into existence with its beauty fully formed and needs no human intervention.
As such, there is little meaning in my choosing to paint such motifs as they are.
If we accept that the randomness and irregularity of nature are the source of its beauty, then it is my belief that removal of that randomness, organization into patterned motifs and simple shapes, can lead to something even more refined.
It is that which I seek.
If my work deeply touches the hearts of those who view it, that is the most joyful thing for myself as an artist, and my sustenance.
Dandelion fluff as the subject for “Rising Light,” my work presented here, symbolizes “leaving the nest.”
In that sense, I imbued this work with a feeling of support for new departures and new leaps.

泉 東臣

1979年千葉県生まれ。
2005年東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。
2020年Seizan Gallery New York、国内主要百貨店などにて個展多数。
2013年「第55回 ベネチア・ビエンナーレ国際美術展-ベネトンコレクション-」(イタリア)などグループ展やアートフェアに多数参加。
2004年第15回臥龍桜日本画大賞展奨励賞、2005年第53回東京藝術大学卒業・修了作品展デザイン賞受賞。
2019年「日本橋三越本店メンズ」とコラボレーション。
郷さくら美術館、千葉銀行、京葉銀行、ヒューリック株式会社に作品収蔵。

Born in Chiba in 1979.
Tokyo University of the Arts and Music, M.A, Design in 2005.
Held numerous solo exhibitions including at Seizan Gallery New York, at major department stores in Japan.
Participated to various group exhibitions and art fairs including “55th Venice Biennale.”
Won Encouragement Prize at Garyu-Zakura Japanese Painting Grand Prix Exhibition in 2004, Design Award at the 53rd Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibition in 2005.
Collaborated with Nihombashi Mitsukoshi Main Store Men’s.
His works are owned by Sato Sakura Museum, Chiba Bank, Keiyo Bank, Hulic Co., Ltd.

twitter Instagram

作品