1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1979年千葉県生まれ。
2005年東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。
2020年Seizan Gallery New York、国内主要百貨店などにて個展多数。
2013年「第55回 ベネチア・ビエンナーレ国際美術展-ベネトンコレクション-」(イタリア)などグループ展やアートフェアに多数参加。
2004年第15回臥龍桜日本画大賞展奨励賞、2005年第53回東京藝術大学卒業・修了作品展デザイン賞受賞。
2019年「日本橋三越本店メンズ」とコラボレーション。
郷さくら美術館、千葉銀行、京葉銀行、ヒューリック株式会社に作品収蔵。

Born in Chiba in 1979.
Tokyo University of the Arts and Music, M.A, Design in 2005.
Held numerous solo exhibitions including at Seizan Gallery New York, at major department stores in Japan.
Participated to various group exhibitions and art fairs including "55th Venice Biennale."
Won Encouragement Prize at Garyu-Zakura Japanese Painting Grand Prix Exhibition in 2004, Design Award at the 53rd Tokyo University of the Arts Graduation Works Exhibition in 2005.
Collaborated with Nihombashi Mitsukoshi Main Store Men's.
His works are owned by Sato Sakura Museum, Chiba Bank, Keiyo Bank, Hulic Co., Ltd.

twitter Instagram

 

作品

  

植物や風景など、主に自然物を描いています。
自然は存在そのものがすでに美的に完成されているため、そのまま描くことはあまり意味がないと考えています。
自然の持つ不規則でふぞろいな部分をあるがままの美とすれば、人がつくり出す美とはなんでしょうか。
「ランダム性の排除」、「モティーフのパターン化」、「シンプルな形につくり込んでいく」といった工程を経てより洗練させていったものが 私の追求する美と考えています。
私の作品に目を留めてくださった方の心に深く響くようであれば、それが作家としての一番の喜びであり、糧となります。
掲出作品《湧光》のモティーフであるタンポポの綿毛は、「巣立ち」を意味します。
その意の通り、新たな門出や飛躍への励ましの思いを込めて描きました。

While I mainly paint plant life and landscapes, such scenery is born into existence with its beauty fully formed and needs no human intervention.
As such, there is little meaning in my choosing to paint such motifs as they are.
If we accept that the randomness and irregularity of nature are the source of its beauty, then it is my belief that removal of that randomness, organization into patterned motifs and simple shapes, can lead to something even more refined.
It is that which I seek.
If my work deeply touches the hearts of those who view it, that is the most joyful thing for myself as an artist, and my sustenance.
Dandelion fluff as the subject for "Rising Light," my work presented here, symbolizes "leaving the nest."
In that sense, I imbued this work with a feeling of support for new departures and new leaps.

SOLO EXHIBITION

個展開催予定

会期:2021年1月7日(木)~1月13日(水)
会場:東武百貨店 池袋店

Date: Jan. 7 (Thu.), 2021-Jan. 13 (Wed.), 2021
Venue: Tobu Department Store Ikebukuro Store

PROFILE

◆略歴
1979年 千葉県生まれ
2005年 東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了

◆個展
2009年 個展(ちばぎんひまわりギャラリー / 東京)
2011年 個展(京葉銀行本店 / 千葉)
2013年 個展(靖山画廊 / 東京)
2014年 個展(ちばぎんひまわりギャラリー / 東京)
2014年 個展(京葉銀行本店 / 千葉)
2016年 個展(日本橋三越本店 / 東京)
2019年 個展(日本橋三越本店 / 東京)
2020年 個展(Seizan Gallery / ニューヨーク)

◆グループ展
2005年~毎年 波濤の會(銀座松坂屋 / 東京、名古屋松坂屋本店 / 愛知)
2006年~毎年 作家の卵展(おぶせミュージアム・中島千波館 (ShinPA)/ 長野)
2006年 レスポワール展(銀座スルガ台画廊 / 東京)
2008~2012年 華波の会(日本橋三越本店 / 東京)
2010年 春を愛でる絵画展(靖山画廊 / 東京)
2010年~毎年 たいせつなもの展(靖山画廊 / 東京)
2011年 東日本大震災復興チャリティーオークション(東京美術倶楽部)
2012年 若手作家日本画展「これから」(広島三越)
2012年~毎年 若手作家日本画展「カレイドスコープ」(大丸心斎橋店 / 大阪)
2012年 三越×藝大 夏の芸術祭2012(日本橋三越本店 / 東京)
2013年 桜花賞展(郷さくら美術館 / 東京)
2013年 第55回 ベネチア・ビエンナーレ国際美術展-ベネトンコレクション-」(イタリア)
2013年 SENSU展(靖山画廊 / 東京)
2015年 ShinPA in 諏訪(北澤美術館 / 長野)
2015年 Art Wonderland(日本橋三越本店 / 東京)
2016~2019年 朝日チャリティー美術展(松屋銀座 / 東京)
2016年 20th Anniversary 特別企画展(靖山画廊 / 東京)
2016年 DELTA-デルタ-(仙台三越 / 宮城)
2017年 桜花賞展(郷さくら美術館 / 東京)
2017年 ザ・レッド~男~(靖山画廊 / 東京)
2017年 デルタ-日本画三人展-(新潟三越)
2018年 DELTA-デルタ-(福岡三越)
2018年 春季創画展(西武池袋本店 / 東京)
2018年 和魂(靖山画廊 / 東京)
2018年 DELTA-デルタ-(札幌三越 / 北海道)
2018年 DELTA-デルタ-(仙台三越 / 宮城)
2018年 第45回創画展(東京都美術館)
2018年 NIHONGA: CONTEMPORARY ART OF JAPAN(Seizan Gallery / ニューヨーク)
2019年 Reimagined: Contemporary Artists Take on The Tale of Genji(Seizan Gallery / ニューヨーク)
2019年 Affordable Art Fair Battersea(ロンドン)
2020年 Art on Paper(Seizan Gallery / ニューヨーク)

◆アートフェア
2009年 東京コンテンポラリーアートフェア2009(東美アートフォーラム)
2019年 シアトルアートフェア
2019年 Affordable Art Fair Battersea(ロンドン)
2020年 アートオンペーパー(ニューヨーク)

◆受賞
2004年 第15回臥龍桜日本画大賞展奨励賞
2005年 東京藝術大学美術研究科修士課程修了制作デザイン賞

◆企業コラボ
2019年 日本橋三越本店 泉東臣×紳士用品コラボレーション

◆COLLECTION
郷さくら美術館、千葉銀行、京葉銀行、ヒューリック株式会社に作品収蔵

ONBEAT掲載号:Vol.13(12月24日発売)