ONBEAT

  • Facebook
  • RSS

安藤忠雄

1941年大阪生まれ。建築家。
独学で建築を学び、1969 年に安藤忠雄建築研究所を設立。1979 年に「住吉の長屋」で日本建築学会賞受賞を皮切りに、プリツカー賞(1995)、国際建築家連合(UIA)ゴールドメダル受賞(2005)など受賞多数。文化功労者。文化勲章受章。フランス芸術文化勲章最高位コマンドゥール受章。米イエール大学、コロンビア大学、ハーバード大学の客員教授を務め、97年に東京大学教授、2003 年から同大学名誉教授。著書に『建築を語る』『連戦連敗』など。

池田学

佐賀県出身。
東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。
文化庁芸術家在外研修員としてバンクーバーに滞在。ミヅマアートギャラリーほかにて個展多数。現在、「池田学展 The Pen ─ 凝縮の宇宙─」が国内巡回中。そのほか加ハミルトンアートギャラリーにて開催された「Great New Wave:Contemporary Art from Japan」展など、国内外のグループ展に招待出品多数。作品は森美術館、米ウィスコンシン州 チェゼン美術館、浜松市美術館などに収蔵。
現在、米ウィスコンシン州マディソン在住。

絹谷幸二

1943年奈良県生まれ。東京藝術大学大学院壁画科修了。渡伊しヴェネツィア・アカデミア入学、アフレスコ画を研究。文化庁昭和52年度第11回新進芸術家在外研修員に選ばれ渡欧。長野冬季オリンピック公式ポスター原画制作。2009年より毎日新聞社主催で「絹谷幸二賞」が設立される。1966年度大橋賞、第34回独立賞、第17回安井賞、第57回日本藝術院賞など受賞多数。文化功労者。東京藝術大学名誉教授。日本藝術院会員。独立美術協会会員。

十一代 大樋長左衛門

1958 年石川県生まれ。2016 年に十一代大樋長左衛門襲名。
ボストン大学大学院修士課程修了。曹洞宗月心寺(金沢)にて得度。裏千家第十六代家元・千宗室より茶名拝受。襲名記念個展および招待出品多数。
日本現代工芸美術展において内閣総理大臣賞受賞、日展において特選を2 回受賞、第31回石川県インテリアデザイン賞受賞など、陶芸家・デザイナーとして受賞多数。加賀屋銀座店の陶壁/設計監修など空間プロデュース分野でも活躍中。手掛けた陶芸作品は、LAカウンティ─ 美術館、デトロイト美術館、ロックフェラーオフィスや伊勢神宮内宮神楽殿、金沢21世紀美術館、国際交流基金、裏千家茶道資料館、草月会館などに収蔵。
ロチェスター工科大学、台湾国立台南大学、金沢大学の客員教授。東京芸術大学講師。文化庁長官アドバイザリーメンバー。
国際陶芸アカデミー( IAC)会員。日展会員/審査員。日本現代工芸美術家協会常務理事/審査員。

千住博

1958年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業、同大学大学院博士課程単位取得満期退学。第46回ヴェネツィアビエンナーレにて名誉賞を受賞。米フィラデルフィア「松風荘」、大徳寺聚光院、薬師寺、NYメトロポリタン美術館等に収蔵。京都造形芸術大学前学長、現在同大学教授。

小松美羽

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部卒業(教員免許取得)。絵画《新・風土記》を出雲大社に奉納。神祜殿に展示される。英国王立園芸協会主催「 Chelsea Flower Show」に石原和幸とコラボレーションしてエントリー。狛犬を制作し、ゴールドメダル獲得。狛犬は大英博物館に収蔵され、TV番組「情熱大陸」でも特集紹介される。NYのWorld Trade Centerに作品収蔵67Fに常設展示。特技は薙刀(北信越三位)。

澄川喜一

1931年島根県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科卒業、同大学彫刻専攻科修了。元東京藝術大学学長。
東京スカイツリーデザイン監修など環境造形を多数制作。
東京藝術大学名誉教授・顧問。日本芸術院会員。文化功労者。

細江英公

1933年山形県生まれ。
東京写真短期大学(現・東京工芸大学)写真技術科卒業。短編映画「へそと原爆」監督・制作。写真集『おとことおんな』・『薔薇刑』・『鎌鼬』・『ガウディの宇宙』ほか発表。
英国王立写真協会より特別勲章授与。写真界の最高栄誉である米ルーシー賞を日本人初受賞するほか内外での受賞多数。旭日小綬章受章。文化功労者。東京工芸大学名誉教授。

田村吉康

1977年群馬県生まれ。群馬大学教育学部美術科卒業。
2003年「月刊少年ジャンプ」にマンガ『筆神』連載。
2011年に村上隆主宰「日本画ZERO」展に出品。以降、海外のアートフェアへの作品出展を開始。
2014年に伊フィレンツェ・リッカルディ宮殿で個展開催。McQ Alexander McQueen 2014秋冬レディースコレクションにデザイン提供。

コシノヒロコ

大阪府生まれ。スタイル画の大家、原雅夫氏に師事。1964年にオートクチュール・アトリエを開設、1977年から現在まで毎年東京コレクションに参加。1978年にはローマのアルタ・モーダで日本人として初めて作品を発表、1982年から10年間と2009年から2年間、パリのプレタポルテ・コレクションに参加。近年はアーティストとしても国内外で作品発表。銀座と芦屋にKHギャラリー開設。