1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

1987年愛知県生まれ。
2010年インスティチュート・マランゴーニ (ロンドン)ファッションデザインコース修了。
デザイナーとしてTAKEO KIKUCHIでの4年間の勤務を経て、2016年よりアーティストとして活動。
2019年Kiriko the Museum(東京)、Ellipse Tokyo、2020年eplus Living Room Cafe & Dinning(東京)、Gallery 201(東京)などにて個展多数。
2018年「Homage」(Sansiao Gallery / 香港)、2019年「アート台北」(台湾)、2020年「artTNZ」(Terrada Art ComplexⅡ / 東京)などグループ展やアートフェアに多数参加。

Born in Aichi in 1987.
M.A. Fashion Design Course, Istituto Marangoni, London in 2010.
After working at TAKEO KIKUCHI as a fashion designer for four years, be independent as artist from 2016.
Held numerous solo exhibitions including at Kiriko the Museum / Tokyo, at Ellipse Tokyo in 2019, at Gallery 201 in Tokyo, at eplus Living Room Cafe & Dinning / Tokyo in 2020.
Participated to various group exhibitions and art fairs including "Homage" at Sansiao Gallery / Hong Kong in 2018, "Art Taipei" in Taiwan in 2019, "artTNZ" at Terrada Art ComplexⅡ / Tokyo in 2020.

WEB Instagram facebook

作品

私の作品は全て、無意識下に投影された自身のかけらを、"beautiful foodchain"(美しき食物連鎖)というコンセプトのもと、花や生き物をモティーフとして視覚言語化し、再構築したものです。
自然の摂理の美しさを描くと同時に、美と醜、愛と憎しみ、生と死など相反するテーマを1枚の絵の中に表現しています。
作品の表現手法はここ数年で、計算した線のみで構成された 細密画から、「偶然性」をテーマとした作品へと変化してきています。
具体的には、墨のにじみや、アクリル絵の具の混ざり具合から偶然に生まれた凹凸の中からアウトラインを抽出し、生き物や花をかたどっていきます。
今回の掲出作品もそうした手法で描いた作品です。
現在は、個展やグループ展、アートフェアなど国内外問わず積極的に作品を発表し続けています。

My works all incorporate fragments of myself projected into my subconscious mind, reconstructed into a visual language using the motifs of flowers and animals under the concept of a "beautiful foodchain."
I depict the beauty of nature's providence while simultaneously expressing opposing themes in a single work, like beauty and ugliness, love and hate, or life and death.
My mode of expression has changed in the past few years from detailed renderings composed only of calculated lines to works incorporating the theme of "chance."
Specifically, I see outlines in the random unevenness generated by sumi ink bleedings and acrylic paint mixings and build these into animals and flowers.
The works presented here were done in that method.
I am now actively showing works in Japanese and overseas venues, including solo and group exhibitions and art fairs.

SOLO EXHIBITION

個展開催予定

会期:2021年3月26日(金)~4月5日(月)
会場:Gallery 201

Date: Mar. 26 (Fri.), 2021-Apr. 5 (Mon.), 2021
Venue: Gallery 201

詳細はこちら

PROFILE

◆略歴
1987年 愛知県生まれ
2010年 インスティチュート・マランゴーニ (ロンドン)ファッションデザインコース修了

◆個展
2019年 個展(Kiriko the Museum / 東京)
2019年 個展(Ellipse Tokyo)
2019年 アートユニット「yueru」個展(銀座の美 / 東京)
2020年 個展(Gallery 201 / 東京)
2020年 個展(eplus Living Room Cafe & Dinning / 東京)

◆グループ展
2018年 Homage(Sansiao Gallery / 香港)
2019年 おふろ荘始めました展(おふろ荘 / 神奈川)
2020年 新春 selection(美の起原 / 東京)

◆アートフェア
2019年 アート台北(台湾)
2020年 artTNZ(Terrada Art ComplexⅡ / 東京)

◆企業コラボ
・FANO「恩返紙project(バンダナ&CAMINO扇子)」
・Nobuyuki Matsui 18S/S
・5351 POUR LES HOMMES
・Nehanne MIHARA YASUHIRO 17S/S Collection
・Fall Vol.13「Regal Paper」(表紙)
・大人の塗り絵シリーズ『花と生きもの 美しく繊細な塗り絵 Colourful Black』(河出書房新社)

ONBEAT掲載号:Vol.13(12月24日発売)