1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 41.0×31.8×19.0cm
・素材 アクリル、板
・制作年 2019

ご購入やお問い合わせ

現代社会を象徴する寓意を生き物たちの世界を借りて作品にしたいと考えています。
実際の生き物たちの世界にも捕食・被食、共存、共生、競争、敵対などの社会的な関係性があります。
それらの関係性には本来善悪はなく、生命誕生のときよりただ存在しています。
その生命の物語に人間社会を重ねて表現し、時代や国を問わない普遍的な作品を作ることを目指します。
私は生き物への興味から大学院では構造生物学を学びました。
その際にタンパク質やDNAの構造レベルでは小さな虫から人におよぶ多様な生き物においても共通性が高いことを学んだことが、現在の生き物たちによって人間社会を表現するきっかけとなっています。

I want to create a parable of our modern society by referencing the animal kingdom.
In the animal kingdom, there exist social structures such as predator and prey, coexistence, and competition.
This structure carries no good or evil and has existed since the dawn of life.
I aim to create a piece that knows no place or age by placing human society in this structure.
My fascination with creatures led me to study structural biology at a post-graduate level.
I learned that many living things collectively share similar proteins and DNA at a fundamental level, which is why I decided to express human society in such a manner.

松本亮平

1988年神奈川県生まれ。
2013年早稲田大学大学院 先進理工学部電気・情報生命工学科修了。
2019年「生命の記憶Ⅲ」(SILVER SHELL / 東京)など個展多数。
2018年「PLAS2018 CONTEMPORARY ART SHOW」(韓国)、「Art Expo Malaysia」、2019年「ART ELYSEES」(フランス)、 「ART BUSAN」(韓国)、「佐々木豊と7人展」(飯田美術 / 東京)などに多数参加。
2016年第12回世界絵画大賞展遠藤彰子賞、2019年第54回昭和会展昭和会賞など受賞多数。

Born in Kanagawa in 1988.
Waseda University, Graduate school, M.S, Dept.
of Electrical Engineering and Bioscience of Advanced Science and Engineering in 2013.
Held numerous solo exhibitions including “Memory of LifeⅢ” at the SILVER SHELL / Tokyo in 2019.
Participated in various group exhibitions and Arts Fair including “PLAS2018 CONTEMPORARY ART SHOW,” in Korea, “Art Expo Malaysia,” in 2018, “ART ELYSEES,” in France, “ART BUSAN,” in Korea, “Seven Person Exhibition with Yutaka Sasaki” at Iida art salon / Tokyo in 2019.
Won many prizes including Akiko Endo Prize at the 12th World Painting Award Exhibition in 2016, Showa-kai Prize at the 54th Showa-kai exhibition in 2019.

WEB twitter Instagram facebook

作品