1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

《日本アルプス十二題 劔山の朝》 大正15(1926)年 木版、 紙

2021年1月26日(火)~3月28日(日)まで東京都美術館で、 「没後70年 吉田博展」が開催決定。

ダイアナ妃やフロイトにも愛された画家・吉田博(1876-1950)は、福岡県久留米市に生まれ、洋画家としての素養を持ちながら、画業後半期にはじめて木版画に挑戦し、新たな境地を開拓、深山幽谷に分け入り自ら体得した自然観と、 欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって、 水の流れや光の移ろいを繊細に描き出した。

画家の没後70年という節目に開催される本展は、 最初期から代表作の木版画を一堂に集めるとともに、 版木や写生帖をあわせて展示し、 西洋の写実的な表現と日本の伝統的な版画技法の統合を目指した吉田博の木版画の全容を紹介する。

《瀬戸内海集 帆船 朝》 大正15(1926)年 木版、 紙

◆開催概要

開催日:2021年1月26日(火)~ 3月28日(日)
休館日:毎週月曜日
開館時間:9:30~17:30
住所: 東京都美術館 企画展示室

電話:03-5777-8600

詳細はこちら