1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

ヨコハマトリエンナーレ2020

7月17日に開幕するヨコハマトリエンナーレ2020に先駆けて、7月3日よりヨコハマトリエンナーレ2020のデジタル空間として「エピソードX」が始動。
「エピソードX」は、 アーティスティック・ディレクター ラクス・メディア・コレクティヴが、 展覧会とともにキュレーションする「エピソード」の活動の一つで、17日まで毎日公式WEBサイトに映像コンテンツがアップされる。参加アーティストは、 岩井優、 アモル・K・パティル、竹村京など。

ラクス・メディア・コレクティヴからのメッセージ
ひとつのパンデミックが知覚の向かう方向を変えてしまいました。 本来、 優先され、 優位だったはずのことが、 今ではかすみ、 ひっくり返され、 くらくらします。 優劣の順に整理されていた経験や隔離されていた領域に現実が織り交ぜられ、 無秩序な状態で立ちはだかります。 あらかじめ計画されていたイヴェントや出来事は消散し、 変動し、 遠近の条件も逆転してしまいました。 それは、 まるでテレビドラマの制作でいう「コールド・オープン」——直接話に入った後にタイトルやオープニングを入れるテクニック——に放り込まれたかのようです。
「エピソードX」は、 みなさんをこの「コールド・オープン」へと誘導するデジタルの点火装置です。 ここでは、 アーティストらとともに徐々に重ねていく時間がプロデュースされ、 展覧会から枝分かれして、 行為、 まなざし、 集まり、 たまり場、 別の場所の記録、 あてどのない散策、 接触し交わろうとする思い、 独白、 対話、 反応、 そして青い絨毯の集いのような企画が加わっていきます。
「何キロも何キロも遊びを組み合わせて歩き続け、 建物の規模を凌駕するほどの距離を歩き、 ここに集まったエネルギーがついに建物からあふれ出す。 そんなことをやってみたい」。 エピソードXについてアーティストのランティアン・シィエはこのように夢想します。
「エピソードX」は7月3日に開始し、 そこから、 いくつもの衝動(インパルス)を重ねていきます。 そして、 いずれ疲れ果てると同時に活力が沸き上がるまで続けていきます。 そして、 ついぞ最後まで辿り着くことなく、 「エピソードX」の世界が当たり前になっているときが、 やがてやってくるかもしれません。

◆ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」開催概要
開催日:2020年7月17日(金)~10月11日(日)
休館日: 毎週木曜日(7/23、 8/13、 10/8を除く)
開催日:2020年7月3日(金)~10月11日(日)
会場:横浜美術館、 プロット48
アーティスティック・ディレクター:ラクス・メディア・コレクティヴ

詳細はこちら