1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 28.5×32.0×14.0cm
・素材  ガラス 樹脂粘土
・制作年 2017

ご購入やお問い合わせ

睡眠時の「夢」の領域。それは何処までもひろがる深海や宇宙と似ている。
私はその静けさに満ちた漆黒の世界が好きだ。人間が忘れかけてしまったであろう「共通の記憶」が其処に存在し、透明なパイプを通して外側の宇宙へと繋がっている事を思いださせてくれる。
私たちは忙殺される日常の中で、その繊細な感覚を忘れてしまいがちな生き物である。
だからこそ日々の瞑想や睡眠(夢)の中で、私は原始的な感覚を頼りに無意識の領域を探索する。其処には繊細な光を纏い、妖艶に舞い踊る幻想生物が無数存在している。
私にとっての「制作」とは、生命力溢れる彼らのイメージやエネルギーを、大切になぞるように再現してゆく行為だ。
粘土を触り、指を動かし、そこに命を吹きこむように形造ることに意識を集中する。
「共通の記憶」はもしかすると一生かけてもわからない事なのかもしれない。

だが、それを探し続ける行為そのものが大切な事であり芸術なのだと考えている。

The field of “Dreams” that we see at night is like ocean depths or universe that spread endlessly.
I love the deep black world here wrapped in tranquility.
I feel that the “mutual memory” human have been forgotten exists there, and it reminds me that through a transparent line, we are connected to the outside of the universe.
In a hectic life, we humans tend to forget this delicate esthesia.
That is why in everyday meditation and sleep or dream, I search for unconscious field counting on my primitive sensations.

There is a myriad of fantasy creatures wearing soft light and dancing in a voluptuous way.
For me, “production” is an act of reproducing their images and energy that is full of vitality carefully by tracing them.

I touch the clay, I move my fingers and focus my mind shaping it as if I bring life to it.
Perhaps, the “”mutual memory”” is something that I might not know eternally. However, I believe that the action to continue pursuing it is essential, and this is what art is.

高橋まき子

1998年武蔵野美術大学短期大学部工芸デザイン科卒業。
2000年東京ガラス工芸研究所卒業。
高橋まき子展Ⅰ~Ⅵ「パート・ド・ヴェールの世界」(arton art gallery / 京都)を連続開催。2007年New Glass Review 28(コーニング美術館 / U.S.A.)、第3回現代ガラス大賞展・富山2008、2016年ダリも魅せられた神秘の技法 パート・ド・ヴェール展(石川県能登島ガラス美術館 / 石川)、GLASS NOW 2014&GLASS NOW 2018 (National Liberty 美術館 / U.S.A.)など出品多数。Glass Now 2014審査員賞受賞。

Graduated from the department of Industrial, Interior and Craft Design, Musashino Art University Junior College of Art and Design in 1998.

Graduated from Tokyo Glass Art Institute.
Continuously held Makiko Takahashi solo exhibition Ⅰ-Ⅵ “world of Pâte de verre” at arton art gallery / Kyoto. Participated in many selected exhibitions including “New Glass Review 28” at Corning Museum of Glass, U.S.A.in 2007, Contemporary Glass Triennial in Toyama 2008, “Glass Now 2014” & “Glass Now 2018” at the National Liberty Museum, U.S.A., “Special Exhibition Pâte de verre” at Notojima Glass Art Museum, Ishikawa in 2016. Won the Jury.
Prize at “Glass Now 2014”.

and more

WEB Instagram

作品