1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 70.0×35.0cm
・素材  和紙、墨、インク、鉛筆
・制作年 2018
・価格  ¥400,000+tax

ご購入やお問い合わせ

近代において美術という概念が日本に定着する以前、ジャンルの細分化がされる前の「造形の可能性」に着目し、版画的な思考法を取り入れたハイブリッドな画面を目指しています。
積層された濃密なイメージは、「純然たる美」への憧れと、その追求によって制作過程で幾度となく変容を遂げ、生み出されたものたちです。
神聖なる孔雀や馬、天空より舞い降りる龍神、何か得体の知れないものを身にまとう無垢な少女、画面に散りばめられた生の象徴である花たち。
彼らは現代における無数の毒によって劣化し、歪みを帯び、そして自らは衰耗しながらも、われわれを甦生へと導くための生け贄として、ただただ美しくそこにあるのです。

ー吉田 潤

Various possibilities of forms existed before the concept of “art” was established in Japan and genres were subdivided.
Focusing on this concept, I aim for a hybrid expression in my works that incorporates a printmaking way of thinking.
The densely layered images represent longing for “pure beauty” and things that are transformed and created as a result of this pursuit.
Sacred peacock and horse, a dragon god descending from the sky, an innocent girl wrapped in something unknown, and flowers – the symbol of life – scattered across the canvas; They are degraded and distorted by the myriad of poisons of present times, and as they deplete itself, they exist beautifully as sacrifices that lead us to resuscitation.

ーJun YOSHIDA

吉田 潤

1982年東京都生まれ。
2008年東京藝術大学大学院美術研究科版画専攻修了。
2016年、2018年「アートフェア東京」(村越画廊ブース)などにて個展多数。
2013年「浮世絵POP江戸 現代のポップカルチャー」(静岡市東海道広重美術館)、2014年「木版ぞめき -日本でなにが起こったか-」(東京藝術大学大学美術館)、2020年「Hanga Next Generation stage.2」(日本橋髙島屋 / 東京)などグループ展に多数参加。
2010年アダチUKIYOE大賞大賞、2015年新生絵画賞展 優秀賞など受賞多数。
東京藝術大学美術学部 版画 テクニカルインストラクター。

Born in Tokyo in 1982.
Tokyo University of the Arts, M.F.A. printmaking in 2008.
Held numerous solo exhibitions including at “Art fair Tokyo” in 2016, 2018.
Participated in various group exhibitions including “Ukiyo-e POP – Pop Culture from Edo to Today-” at Shizuoka City Tokaido Hiroshige Museum of Art in 2013; “Mokuhan Zomeki-What happend in Japan?-” at The University Art Museum, Tokyo University of the Arts in 2014; “Hanga Next Generation stage.2” at Nihombashi Takashimaya / Tokyo in 2020.
Won many prizes including the Grand prize at The Adachi Contemporary Ukiyo-e Award 2010; the second prize at SHINSEI Kaiga Award Exhibition 2015.

WEB Twitter

 

作品