1. 作品販売

  2. プロデュース

  3. アート支援

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

・サイズ 8.2×14.5×14.0cm
・素材  半磁土
・制作年 2021
・価格  ¥52,000+tax

【相持の茶碗】シリーズの寄せての作家の言葉 世は相持ち。
あなたが居て私が居る、そして共にお茶を飲むとき、この世が存在する。
世界に自分が存在しているという確証はないが、お茶を飲みながら、あなたと時を共有するとき、世界がここにあると確信できる。
まだ終わりの見えない感染拡大ですが、人との向き合い方を改めて考える機会を得た事は大きな事だと思います。
相持の茶碗はそういった発想から生まれたものです。
“「世は相持ち」お互いに助け合う事で世の中は成り立っている。”
あなたがいて私がいて、初めてこの空間があり、その瞬間世界はある。
そしてそれは二度と訪れない瞬間である。
たくさんの人が亡くなり、それは次には私かも知れない。
一瞬一瞬を大切に生きなくてはと思っています。

ご購入やお問い合わせ

主に擬人化された動物、あるいは、擬獣化された人間を作っています。
制作のため生き物を観察していると、私たち人間によって無駄に失われる命があること、苦しむ命があることを深く考えさせられます。
ですから、土を手にする時は、たくさんの愛情をもって、生きる喜びや悲しみを包み込むように制作しています。
生き物の形をしたものを焼いているので、まるで生きる悲しみや、人間の業を昇華させる儀式をしているように感じることもあります。
そして、私の手によって愛情を込めて作られた生き物たちが作品として並ぶ時、それらは私の手から離れ、大切な何かを私以上に語ってくれる存在となります。

ー泉水

泉水

東京都生まれ。
1993年明治学院大学文学部フランス文学科卒業。
1996年夏柑窯 只腰令子氏に陶芸を学んだ後、1997~98年渡仏、パリ市主宰アトリエにて作陶、2005年独立。
2003~2021年Gallery花影抄(東京)、2021年「アートフェア東京」(Gallery花影抄ブース)、 2017年、2018年、2020年日本橋三越本店などにて個展多数。
2018年「根付展~粋な装身具・江戸の工芸品 特別出品:高円宮家根付コレクション」(ひろしま美術館)などグループ展やアートフェアに多数参加。
高円宮家根付コレクション、京都 清宗根付館、増井光子コレクション(麻布大学所蔵)などに作品収蔵。

Born in Tokyo.
Graduated from Meiji Gakuin University, majored in French Literature in 1993.
After studying under Reiko Tadakoshi at Natsukan-gama in 1996, working at the atelier in Paris from 1997-1998, and be independent from 2005.
Solo exhibitions: 2013-2021 at Gallery Hanakagesho (Tokyo); 2021 “Art Fair Tokyo” (Gallery Hanakagesho Booth); 2017, 2018, 2020 at Nihombashi Mitsukoshi Main Store (Tokyo).
Group exhibitions & Art Fairs: 2018 “Netsuke exhibition-Stylish trinkets and Edo artifacts- Special Exhibit: Prince Takamado’s Netsuke Collection” Hiroshima Museum of Art (Tokyo).

Instagram Twitter ブレイク前夜 YouTube

 

作品