1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

美術を中心に、ファッション、音楽、建築など
日本の芸術文化をボーダーレスにアートと捉え、
和英併記で世界に発信するバイリンガル美術書籍『ONBEAT』

vol.10ではマンガと地方創生を大特集

《特集》マンガ

 
日本で独自の発展をし、今や世界的な現象となったマンガ。
日本国外で開催されるものとしては過去最大級となる、大英博物館で開催中の漫画展「The Citi Exhibition Manga」
同展キュレーターのニコル・ルマニエール氏による漫画論を本展の魅力とともに紹介。

《特集》“漫画の神様”手塚治虫

 
昨年生誕90周年を迎えた手塚治虫。
その熱烈なファンである俳優・船越英一郎と、手塚作品の芸術的価値を高く評価し、美術品としてその販売を手掛けるギャラリーオリム代表・三浦利男の対談が実現。
手塚治虫の魅力、そして日本漫画の価値と可能性について語る。

 

《特集》葛飾北斎

 
《モナ・リザ》に次いで世界で二番目に有名な絵画と称される《神奈川県沖浪裏》
その作者として、世界的に知られる絵師・葛飾北斎の魅力に迫る。

《特集》アート×地方創生

 
アートフェア東京 代表理事・來住尚彦と、羽田未来総合研究所 所長・大西 洋
異色の経歴を持つ二人がアートや文化をめぐる課題と可能性について語る。
そのほか、世界に醸造業の魅力を発信し、発酵食文化と地域に新たなブランド価値を創出する、ヤマモ味噌醬油醸造元 高茂合名会の経営戦略を紹介。

《連載》アートの支援者たち

日本人アーティストのNYでの活動を支援し、日本文化にも造詣の深いスティーブン・グローバスへのインタビューが実現。

《連載》日本の祭り

富山県の越中八尾 おわら風の盆を紹介。

《PICK UP》

洋画家・絹谷幸二や芸術家・濱野年宏など多彩なアーティスト多数!

『ONBEAT vol.10』

2019年3月発売
定価 : 2000円+税