1. プロデュース

  2. アート支援

  3. 作品販売

  4. 地方創生

  1. 国内大型書店・ミュージアムショップ

  2. 世界各国の書店

  3. 空港

  4. 豪華客船

  5. ホテル

  6. ライブラリー

  7. セインズベリー日本藝術研究所

  8. ジャパン・ソサエティー

「伝統×革新」をコンセプトに、 新たな文化を創出する交流の場として昨年誕生した 神田明神文化交流館「EDOCCO STUDIO」。その1周年を記念して、今回日本全国から約40人のアーティストが集結した。 ”あかり”を通じてアート、祭り、デザイン、職人、テクノロジーといった5つのジャンル1つになり、 歴史ある神田明神の地に新たな世界を創り出す。

”アート系アトラクション”とうたう本展では、単にアート作品を”鑑賞”するだけではなく、”体験”することができる。現役で活躍する役者や声優たちがストーリーテラーとしてゲストを案内。

会場がパワースポット・神田明神ということもあって、 会場では日本を代表する敵役のレッテルを貼られた吉良上野介の声が聞こえてくる。 名君としての評判がある反面、 『忠臣蔵』などの創作ストーリーの影響によって、吉良上野介に対する「悪」のレッテルは今も強く、 積年の葛藤にとらわれた吉良が異界の門へとゲストを誘い出す。 ゲストは「ガラスに投影された水彩画のモーショングラフィック」となった吉良上野介と自由に会話したり、青森ねぶたにあかりを点灯したりと、ゲストの投げかけが作品に影響を与える “アナログ×デジタル”の新感覚アートを体験することができる。

選ぶ結末は人それぞれ。この冬、 この伝統の地であかりを灯し、 新たな革新を巻き起こす”アート系アトラクション”を体験してみては?

◆開催概要
開催日:2019年12月7日(土)~2020年2月9日(日)

開館時間:月~木10:00~19:00、金~日10:00~20:00。2020/1/1~1/3及び祝日は20:00まで(最終入館は30分前まで)
住所:東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館 地下1階 EDOCCO STUDIO

入館料:一般 1,500円、 前売り 1,300円、 小中高校生 1,000円、 未就学児無料

◆展示詳細
異界の世界へ足を踏み入れたゲストは、 若き日の吉良上野介との出会い、 百鬼夜行をはじめとする妖怪たちがひしめく、 不思議なあかりの空間を進む。 鬼と化した吉良が待ち構える終盤、 その先にある世界とは…⁉️

Chapter1 神田明神の地下
薄暗い地下で美しい光を放つのは、 光と反射の空間作品を創りだすアート集団「MIRRORBOWLER.」の作品。 目線を変えて鑑賞することで、 見え方が大きく変わる不思議な光の世界が入口で迎えてくれる。

Chapter2 異界の門
この世のものではない異界の世界へと誘う扉をアート作品で表現。 ネオンの光がこれから待ち受ける妖怪話の序章を語り出す。

Chapter3 若き吉良との出会い
ガラスに投影された水彩画の若き吉良とゲストがリアルタイムで会話できるインタラクティブなアートは必見!

Chapter4 百鬼夜行
足を踏み入れた先に待っているのが、 様々なアーティストによって表現された百鬼夜行の世界。 切り絵作家の早川鉄兵や妖怪絵師の満尾洋之の作品のほか、 こけし作家の林貴俊が創り出す可愛らしい妖怪こけしの行列など、 百鬼夜行の行列に入り込んだ気分になることができる。

Chapter5 闇と疑いの回廊
こけし作家の林貴俊が創り出す可愛らしい妖怪こけしのいる回廊を行くと、 クライマックスへ

Chapter6 決断の間
吉良上野介の怒りを、 日本の伝統的な祭りの一つ「ねぶた祭」のねぶたで表現。 怒りから鬼の姿へと変わってしまった吉良との対面を果たすゲストたちは重大な決断を迫られる。 ねぶた師の北村春一の迫力ある作品に、 光演出のデザインを手掛ける西条信広が息を吹き込む。 伝統を守りながら、 音や光の様々な演出が取り入れられたアート作品を体験することができる

Chapter7 浮世の絶景
百鬼夜行や吉良の怨霊の騒ぎが収まり、 あたりには静寂と美しく煌めくあかりの世界が広がる。 一葉式いけ花 家元 粕谷尚弘によるアート作品が現実世界へとゲストを温かく送り出す

作品と一緒に楽しめる!「あかりのクラフトカクテルBAR」が期間限定オープン

ジャパニーズクラフトを提供するサントリーと、 日本のクラフトを“あかり”で一つにする本展覧会が期間限定のコラボレーション。日本ならではの細やかな職人技で、 和素材の個性を余すことなく引き出しているサントリージャパニーズクラフトカクテル。 奥深い香りや味わいを描き出したスピリッツやリキュールを使用した、 全6種類のカクテルを飲むことができる。
バーの壁には、 自然豊かな伊吹山(滋賀県米原市)で暮らす動物たちを切り絵で表現した、 切り絵作家の早川鉄兵の作品が展示。 日本人らしい繊細な作業が施された切り絵アートを眺めながら、 楽しいひと時をお過ごすことができる。

詳細はこちら