ONBEAT

Language
  • Facebook
  • RSS

ルクセンブルグ

ルクセンブルグには非常にさまざまな文化圏、文化的背景を持った芸術家たちが住んでおり、彼らのおかげで文化的に豊かな生活が営まれています。この豊かさを創り出しているのは多様性に他なりません。これまで、二度、1995 年および 2007 年にルクセンブルグ市はヨーロッパにおける文化的首都に指定されています。人口 4 5 %以上を外国人が占めるこの国では、人々はヨーロッパの現実を目の当たりに日々暮らしています。ルクセンブルグ 人は 最も貢献度の高いヨーロッパ人として高く評価されており、私たちはヨーロッパ 機関の 歴代中心拠点となっていることに誇りを感じています。
駐日ルクセンブルク大公国大使ベアトリス・キル シュ閣下より

ルクセンブルク画像1

世界遺産─ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞群
首都ルクセンブルク市に残る歴史的な城壁。ヨーロッパの中央に位置するため、要衝の地として強固な要塞が築かれた。16世紀から中立国になった1867年まで、ブルゴーニュ公国、ハプスブルク家、スペイン、フランスなど、列強による支配がおよび、そのたびに城壁に手が加えられ、軍事的な史跡の縮図となった。

歴史に根差した現代文化
ルクセンブルクは中世より、歴史的にも地理的にも、フランスとドイツという大国の文化の影響を受けてきましが、現在のルクセンブルクの文化には、過去と現在を結びつける独自の個性があります。ルクセンブルク市は1994年にユネスコの世界遺産に登録されています。1995年には初めて欧州文化首都にも選ばれ、国を挙げてその準備に取り組む過程で、ルクセンブルクの文化には世界の注目が集まりました。2007年には、ルクセンブルクと隣国の近郊地域の合同という画期的な形で、再び欧州文化首都に選ばれました。欧州文化首都に2 回指定された都市は、今日までルクセンブルクだけです。

日常生活の中心にある文化
ルクセンブルクは小国ながら、最新の文化施設を数多く擁しており、非常に多くの才能あふれる芸術家を輩出しています。特に、若く才能豊かなアーティストやクリエ ーターを対象に、政府も資金面も含めてカルチャーシーンを積極的に支援しています。ルクセンブルク出身の芸術家が海外の専門家に注目されるにつれ、海外の著名な文化団体との協力や連携も増えてきており、ルクセンブルクの文化の豊かさや多彩さの証明ともなっています。

続きはAMAZONでご購入ください。

ルクセンブルク画像3