ONBEAT

Language
    • Facebook
    • RSS

    藤田嗣治 Léonard Tsuguharu FOUJITA (1886-1968)

    カフェ 1949年 油彩・カンヴァス 76.0×64.0 cm ポンピドゥー・センター蔵 At the Café  1949 oil on canvas 76.0×64.0 cm
    Collection: Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne-centre de création industrielle

    1886年、東京府牛込区( 現・新宿区)に、陸軍軍医 藤田嗣章の次男として生まれる。1913 年、フランス留学に旅立ち、パリのモンパルナスに定住。1919年、サロン・ドートンヌに6 点を初出品。全点入選を果たす。1925年、フランスからレジオン・ドヌール勲章、ベルギーからレオポルド1 世勲章を受章。1955年、フランス国籍を取得し、日本国籍を放棄。1959年、ランスのノートル=ダム大聖堂でカトリックの洗礼を受ける。洗礼名はレオナール。1968年、 チューリッヒ州立病院で死去。享年8 1 歳。

    Born in Tokyo, in 1886, as a second son of Japanese army medical officer, Tsuguakira Fujita. In 1913, starts living in Montparnasse, Paris. In 1919, joins the authoritative Salon d’Automne for the first time with six of his paintings. All were selected and exhibited. In 1925, honored with La Légion d’honneur by France, and with l’Ordre de Léopold I by Belgium. In 1955, acquires French nationality by renouncing his Japanese nationality. In 1959, converts to Catholicism. Was baptized at the Cathédrale Notre-Dame de Reims and christened Léonard. Dies of cancer in Zurich, Switzerland, at the age of 81 in 1968.