ONBEAT

  • Facebook
  • RSS

藤田嗣治

《自画像》 1929年 油彩・カンヴァス 東京国立近代美術館蔵 © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833

8 0 年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州の土となった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ、1886 -1968 )。その藤田が2018 年に没後50 年を迎えるのを機に、国内美術館のみならず世界各国の美術館から第一級の藤田作品が集う過去最大級の回顧展「没後50 年 藤田嗣治展」が東京都美術館で開催されている。100 点以上の作品を通し藤田の画業の全貌を展覧する同展を紹介する。

質、量ともに、史上最大級の大回顧展となる「没後50 年 藤田嗣治展」

明治半ばの1886 年に生まれた藤田は、幼い頃から自宅にあった浮世絵などを手本に絵を習得し、18 歳で東京美術学校西洋画科に入学。黒田清輝や和田栄作に師事します。

1913 年、26 歳の藤田は念願のフランス留学を果たしますが、翌年には、第一次世界大戦が勃発し、いきなり動乱のヨーロッパで生活し始めることを余儀なくされます。この頃の藤田は美術先進国のフランスにあって、ピカソなどモンパルナスに集うエコール・ド・パリの画家
らが創り出す前衛的な美術に触れ、刺激を受けながら自身の作風の確立を目指しました。そうした過程で制作された《二人の少女》は1918 年の作品ですが、その当時親交のあった画家モディリアーニの影響をうかがわせます。モディリアーニとは一緒に南仏旅行に行くほど親しい間柄でした。この作品の背景にモティーフは描き込まれておらず、色彩とマチエールを強調した筆触で埋められており、1920 年代前半の「乳白色の下地」へと向かうプロセスを示しています。

この頃、藤田は画面の人物の肌の美しさとその背景の美しさを同等に見せるという、それまでの画家が試みなかった表現を追求し始めます。それはフォービズムなど、当時のフランス画壇で主流となっていた厚塗りの表現とは真逆の絵画表現でした。こうして試行錯誤の末、
1920 年代初頭に藤田は、「乳白色の下地」に日本の面相筆と墨を使って、黒く細い輪郭線で描くという独自の絵画スタイルに辿り着きます。そして、その繊細な下地の白さや質感を最も生かすモティーフとして裸婦を描くようになったのです。その一例と言える1923 年制作の
《タピスリーの裸婦》では装飾的な綿布との対比により白い人肌の美を引き立たせています。

藤田自身、この「乳白色の下地」の制作工程を誰にも明かさなかったので、この下地は長い間謎のままでしたが、最近の科学的分析や写真資料の調査からタルク(ベビーパウダーの原料)を使用していたことがわかりました。この独自に編み出した表現方法により、藤田はパリで大きな評判と名声を得ます。エコール・ド・パリの寵児のひとりとなった藤田のもとには、パリのセレブリティから肖像画の注文が続くようになります。背景に銀箔を使用した《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》は、藤田の1920 年代の人物表現の中でも代表作の一つです。藤田は20 年代に金箔をしばしば用いましたが、銀箔が確認できるのは本作のみであり、日本初出品となります。

続きは、こちら

 

 《二人の少女》 1918年 油彩・カンヴァス プティ・パレ美術館(スイス・ジュネーヴ)蔵
Photo: Studio Monique Bernaz, Genève © Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833