ONBEAT

  • Facebook
  • RSS

井上萬二

ブログ用井上萬二作品1

来年 2 0 1 6 年には 発祥 から4 0 0 年を迎えるという有田
その有田焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)の陶芸家 井上萬二氏と
長男の康徳氏、孫の祐希氏の三代に渡る初の作陶展「井上萬二 白磁三代展」
(2015年1月,日本橋三越本店)に於いて行われた、萬二氏による人間味溢れるギャラリートークの一部をその圧巻の白磁作品と共に紹介する。

この焼き物の世界は、より美しく見せるために加飾をして美を作り出しますが、私は何といっても白磁ですから、加飾をせずに美を作り出さなくてはいけない。つまり、化粧をする必用が無いほど綺麗な「最高の美人」を「最高の技術」で作るという事です。白いから白磁とは言いたくない。形が最高だから白磁なんです。そういう作品を生み出すために、私は長い年月修業し、努力を重ねて来たんです。また、伝統というのは、常に新しくないといけません。古い時代に作り上げられた名品が今日重要なのは、それが、その時代の感覚で作り上げられた物だからです。そういう名品を復元しても、それはあくまでも模倣です。100年後に、「これが名品食器だ」「これが平成の伝統だ」と言われる物を生み出すために、先人たちが築いてきた技を正しく受け継ぎ、現代の伝統を作って行くというのが我々の使命です。皆さまにも、「これが和の食事だ」という日本の食と器の文化のために、伝統工芸品をご利用頂けましたら幸いでございます。最後に、親子展はよくありますが、三代展は珍しいです。ただ、最高齢者が溌剌とした姿でやらないと面白くないので、私も日々精進はしております。

ブログ用井上萬二作品2

続きは AMAZONでご購入ください